読書で知識を効果的に頭に入れる方法

2017年6月29日読書

読書をするときは目次から読むことが大切

Books 441866 640

知識を効果的に頭に入れる方法について紹介していく訳ですが、本を読む時に飛ばしてしまいがちな目次。効果的な読書をする上で目次は重要です。本の内容をある程度イメージしてから読むと、内容も入りやすくなります。

読書をして効率的に知識を得るために必要なこと

読書の効率を高めるためには、目的意識を持って読むことが大切です。ビジネスにおける読書は、隅々まで読むことが目的ではありません。書籍から得た知識を、どのようにしてビジネスに役立てるかどうかが重要になってきます。具体的には、読み始める前に「今、自分はこの本から何を得たいと考えているのか?」を決めておくという方法がおすすめです。もっと言えば、このような目的意識を持ったうえで、書店などに行って書籍を見つけるところから始めることです。無目的に読書していては、そこから得られる知識、その後の経験として知恵化させていくことがとても非効率になってしまいます。

付箋を使いながら読書をすると知識が入りやすい

Fc4275188b1ef2d0

ただ読書をするだけではなく、効率的に知識にしていこうという工夫が大切です。その工夫として、参考書や問題集を読むときに良く使う付箋ですが、読書をする時も気になった箇所に付箋を貼りながら読むと効果的です。

気になる所には付箋を貼っていくと◎

読書で効率的に知識を入れる方法で、付箋を使うという方法でのポイントとして、気になった話題や内容、言葉があったらすかさず付箋を貼ることを心がけてください。またこの時に、付箋だらけになってしまってもいいです。後で読み返せる目印代わりに、付箋を貼っていきます。いつも付箋を持ち歩くのが面倒という場合は、いくつか栞に付箋を貼り付けておけば、付箋を忘れてしまうこともなくなります。

読書で効果的に知識を得るには環境も大事

Young woman 635249 640

読書で効果的に知識を入れるのであれば、やはり読書をする環境も大事です。というと、図書館のような静かな部屋と考えるかもしれません。ただ、読書をする上では適度な騒がしさがある方が理想的だといわれています。最後に、読書に最適な環境に関してまとめていますので、みていきましょう。

周囲に邪魔されない場所が好ましい

まず、読書をする上で大切なのが、周囲に邪魔されずに本に入り込める場所であることが大前提です。環境が悪ければ、読書をしていてもただ文字を追ってみているだけで、内容は入ってきません。それほど、読書において環境は大切なポイントです。そこで、ここではあえて、読書を効果的にする最適な環境を2つに絞って紹介します。

読書を効果的にする最適な環境①カフェ

よくカフェで読書をしている人を見かける機会も多いと思いますが、カフェでの読書のメリットは適度に騒がしいこと、飲み物や食べ物がすぐに得ることができることがあげられます。読書は完全な静寂よりも少し騒がしい方が頭に入りやすいので理想的です。

読書を効果的にする最適な環境②自室

自室では、無条件でリラックスできる条件が読書にはいいです。周りの目を気にせずに読書することができますので、集中して読書ができますので、効果的です。

読書で知識を効果的に頭に入れるならば付箋を使ったり環境に配慮したりしよう

読書をする際に覚えておきたい知識を、効果的に頭に入れる方法について紹介してきました。本を読んでも頭に入らない人は付箋を使うなどして効果的な読書方法を心掛けてみてください。読書は読むだけでは、やはり意味がなく、その本にある知識や情報などを自分に取り込むことで、より読書をする楽しさや重要性にも気づけるはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年6月29日ビジネス

Posted by BiZPARK