グアム旅行に最適な服装とファッションを楽しむポイント

2017年1月16日グアム旅行, 服装

グアムは年中真夏! 基本的は夏服でOK

Miyako85 yuyakehutari20140725

グアムは、年間平均気温約26℃と熱帯性の気候で、冬でも30℃を超えるという気候の特徴があります。そのため、基本的な服装は年中夏服で問題ありません。

但し、屋内は冷房が効きすぎているところが多いので、薄手の長袖など用意しておけばファッションと機能性を両立できます。

また、ホテルの高級レストランやディナーショーなどは、軽めの正装が好ましいという点は万国共通の服装マナーなので、注意が必要です。

スコールがあるので女性は下着が透けない服装を

グアムは日本のように高温多湿という訳ではありませんので、上で述べたように夏服で問題ありません。

しかし、気候的な特徴としてスコールが多いという点も持ち合わせているので、女性のファッションとしては濡れても下着が透けない服装にしておくのも大事です。

ジーンズは熱がこもるので避けよう! ショートパンツがおすすめ

グアムでの服装として、他にファッションを楽しむポイントとしては、ショートパンツや薄手の生地のズボンを選ぶ点が挙げられます。

ジーンズを選んでしまうと、暑いグアムでは不快感の方が強くなるので、避けたほうが無難です。

とはいえ、先ほども述べたようにホテルや店内はかなり冷房が強いので、冷え性の方は薄いひざ掛けを持っていくと万全といえます。

グアムでは服装と共に紫外線対策も重要

赤道直下付近のグアムは、紫外線量がかなり多い土地です。もちろん、旅行でファッションを楽しむのは大事ですが、気付かないうちに強烈に日焼けをしていた、なんてことがないように、服装とともに紫外線対策をしておくのもファッションのマナーといえるでしょう。

サングラスはファッションではなく紫外線対策として必須

Man 734579 640

地球温暖化によって、近年はグアムでも紫外線は年々強まっています。

日中、裸眼で物を見ていると、紫外線の強いグアムでは知らな い間に目の奥に疲れを蓄積していくので注意が必要です。

その対策として、サングラスはファッション云々を抜きにしても必須のアイテムといえます。

帽子の着用もグアムでは効果的

グアムの紫外線を長時間浴びていると、日焼けはもちろん場合によっては日射病や熱射病の危険にも繋がります。

そういう場合を考えて、屋外に出る前には、帽子をかぶるなどのケアをしましょう。ファッションを楽しむのであれば、帽子やサングラスまで含めた服装のコーディネートが大切、という訳です。

グアムで最適な服装は夏服全般! ファッションを楽しみつつ紫外線対策も怠らずに

今回は、グアム旅行に最適な服装とファッションを楽しむポイントについて見てきました。

年中、温暖な気候であるグアムに適している服装は夏服全般といえますが、現地は様々なところで過度な温度調整がなされているので、薄手の長袖などももっておくと便利です。

また、紫外線量が強烈なグアムでは、服装とともにサングラスや帽子で対策をしておくのも大事な点です。

グアムでファッションを楽しむ際は、紫外線の対策も踏まえたうえで全身のコーディネートを意識するのが好ましいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK