「身だしなみ」と「おしゃれ」の違いと言葉の意味

身だしなみ

身だしなみの意味は「自分の身体をその場にふさわしい姿にすること」

Gf01a201503282300

身だしなみの意味とは読んで字のごとく、「身」を「嗜む」です。自分の身体をその場にふさわしい姿に仕立て上げることです。仕事や冠婚葬祭、レストランや敬意を払わねばならない場所や会う相手によってふさわしい服装や髪型というものがあります。身だしなみが整っていないと、相手に不快感を与え、常識を知らない人と思われてしまいます。

適切な身だしなみは場面によって変わるが「清潔感」はいつも重要

身だしなみの意味はその場に相応しい服装や振る舞いをすることです。その場に相応しい服装というのは場面によって変わってきます。仕事と冠婚葬祭は同じ服ではいけません。しかし、一つだけ共通している点があります。それは清潔感です。顔を洗い、歯を磨き、髪の毛を整え、清潔な服や靴を身に着けていることです。これだけはどんな場面でも大切です。

身だしなみは人に不快感を与えないようにして信頼を得る意味がある

身だしなみを整える最大の意味は人に不快感を与えないことです。その場にそぐわない服装や振る舞いは周りの人に不快感を与えます。常識のない人だとみなされてしまうのです。仕事関係なら、まず信頼を得られません。仕事を任せたいとは考えて貰えません。自分の内面や実力を見てもらいたいのなら、まず、身だしなみを整えて相手の信頼感を得ましょう。

おしゃれは自分のためにするが身だしなみの範疇から出ないのが大切

身だしなみとおしゃれの意味の最大の違いは人のためにするか、自分のためにするかという点です。おしゃれは自分のためにします。自分の個性や嗜好やセンスを人に見てもらうためのものがおしゃれ。それ自体は全く悪いことではありません。しかし、おしゃれは身だしなみの範疇から出てはいけません。特に仕事が関係する場面なら身だしなみを優先しましょう。

実力があっても身だしなみが整っていないと信頼してもらえない

身だしなみを整えるのが大切である理由は、身だしなみが整っていないと、何のスタートラインにも立てないからです。どんなに凄い実力をもっていても相手に不快感を与え、信頼してもらえないのならまったく意味がありません。仕事でも人生でも、チャンスを掴みたいのなら、まずふさわしい身だしなみを身に着けることから始めなければなりません。

身だしなみを整えた上でおしゃれを楽しもう

身だしなみは努力、おしゃれはセンスと言われています。身だしなみは努力で身についていきます。その場に相応しい服装や振る舞いは少し調べればわかりますし、場数を踏んでいけば学べます。身だしなみが身につけば、自ずとおしゃれのセンスも磨かれてきます。その場のふさわしい服装の中に自分の個性や好みを取り入れていけるようになります。

身だしなみは「場に相応しい姿にする」という意味でおしゃれより優先すべきもの

身だしなみとおしゃれの意味の違いをご紹介しました。身だしなみの意味は「自分その場にふさわしい姿にする」というものです。身だしなみは人のため、おしゃれは自分のためです。身だしなみが整っていないと、人に不快感と不信感を与え、信頼を得られず、実力があっても意味のないものとなってしまいます。身だしなみは努力で身につきます。身だしなみが身につけば、その場に相応しいおしゃれを楽しめるようにもなります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年8月25日ビジネス