話の輪に入れない人が実行すべき3つの対処法

2018年2月1日コミュニケーション, 会話術

話の輪に入る方法①:聞き上手になろう

Bjk kyouheikangaeru500

話の輪に入れない人は、自分から話さなければいけないと思っていませんか?

集団においては、リーダーシップ発揮する人や話題を切り出す人、聞き手にまわる人など、自然と役割が決まるものです。話の輪に入るのが苦手な方は聞き手にまわる場合が多くなると思いますが、それが苦痛なら対処の方法を考えましょう。

挨拶から始めよう

会話に入れないときは、無理に自分から話そうとせず、相手の話に耳を傾け、相づちを打つことから始めましょう。話の内容次第ですが、「え~、それからどうなったんですか?」など、自分に話を振られないようにするのもポイントです。会話にも参加できて、自分が話さなくてもよくなります。話さなければいけないというプレッシャーから会話に集中できず、楽しめないという悪循環から抜け出しましょう。

それも難しい方は基本中の基本、「挨拶」から始めましょう。

話の輪に入る方法②:1対1の関係を築こう

職場という集団においては、輪に入るのが苦手でもあからさまに距離を置くのは難しいでしょう。だとしたら、中でも気が合いそうな人をご飯にでも誘ってみましょう。集団の会話に入れないとしても、1対1で問題なければ、その子をきっかけに輪に入れるようになるかもしれません。

「輪に入るのが苦手」だと打ち明けよう

1対1での会話を楽しめる相手を見つけたら、「集団での会話が苦手」だと伝えておけば、集団での会話に自分から入れないとしても、フォローしてもらえる可能性があります。少なくとも自分を理解してくれている人が1人でもいるという気持ちになれば、会話にうまく入れないとしても、その輪の中で過ごすことがいくらか楽になるのではないでしょうか。

話の輪に入る方法③:勇気を出そう

Lgf01a201409031400

会話に入れない人が話の輪に入るために、最後に必要なのは勇気です。勇気を出して、積極的に人の輪に入っていきましょう。

自分から距離を縮めよう

会話に入れないときに話の輪に加わるために大切なことは、輪に入れないからと言って外から眺めてばかりいないで、もう一歩近づくことです。存在に気づいてもらうためにはまず、物理的な輪に入らなければいけません。

輪に近づいたら、そこで交わされている会話を聞いてみましょう。みんなが笑ったり、相づちを打ったりしているなら、あなたもみんなにあわせて少しだけオーバーにリアクションします。すると、少しずつ話し手があなたの方を向いてアイコンタクトをしてくれるはずです。

「5を聞いて1話す」スタンスでいよう

とは言え、最初のうちは、話の輪に入れない人が会話に入っていくタイミングを計るのは難しいでしょう。気をつけなければいけないのは、相手の話をよく聞くこと。「5を聞いて1話す」くらいのスタンスでいると気が楽になるかもしれません。輪に入るのが苦手な方にとっては勇気がいりますが、笑顔で話に相づちを打っていれば、自然と会話に入っていけるでしょう。

話の輪に入れない人は勇気を出して笑顔での相づちから始めよう

話の輪に入れない人がどうすれば集団での会話を楽しめるようになるのかを見てきましたが、いかがでしたか?まずは勇気を出して笑顔で輪に近づき、話し手の話に相づちを打ちながら興味を示すことから始めてみましょう。 そのうちあなたにも話題が振られるようになると思います。会話力では話す力だけでなく聞く力も大切です。積極性と会話力を磨いて、話の輪に入れない自分から脱却しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年2月1日ビジネス

Posted by BiZPARK