「要領が悪い人」「周りが見えない人」の特徴と改善策

要領

要領が悪い人の特徴とは?

Thinking 277071 640

要領が悪い人は、学校にも職場にも一定数いますよね。そんな人達が、要領が悪いと思われてしまうのは、一体どんな行動ゆえなのでしょうか?

そこで、人々が考える「要領が悪い人の特徴」を集めてみました。自分はこの中にあてはまりますか?

物事の優先順位をつけるのが下手

要領が悪い人の特徴として、物事の優先順位をつけるのが下手という点があります。周囲から見ればどうでもいいことに、こだわり過ぎていたり、空気が読めていない、周りが見えない人、という特徴があります。

大事なことが何か分かっていないため、仕事の進め方が分からず要領が悪くなってしまうようです。

人と話すのが苦手な人は要領が悪い人が多い

人と話すのが苦手だったり、言葉が続かなかったりする人は、失敗を恐れてしまう傾向が強いため、要領が悪くなってしまうようです。

挑戦を恐れるということは、向上心もないから上達もしない、と悪循環になってしまい、要領の悪さからなかなか抜け出せないという事になってしまうようです。

要領が悪い人のその他の特徴も紹介!!

要領が悪い人には、共通した特徴があるようです。ここでは要領が悪い人の特徴一覧を確認しておきましょう。

■問題を先送りする

■作業手順が人と違う

■目の前の事だけをする

■真面目すぎる

■声が小さい

■イエスマン

■頑固

■周りが見えない

■想像力に欠ける

特徴と思われるものを見ていくと、誰しもひとつくらいは身に覚えがあるかも…? 少し襟を正して、自分を見つめなおしてみたくなりますね。それでは、こんな要領の悪い人々を周囲はどう思っているのでしょうか?

要領の悪い人を周囲はこう見ている!

自分では反省をしていても、周りが要領の悪い人をどう見てるのか知ることも必要です。客観的に、要領の悪い人のことを考えた意見を見てましょう!ぜひこれから紹介する意見と、自分を照らし合わせてみてください。

仕事上では高評価の場合もあるがほとんどは低評価

要領の悪い人を、周囲はどう見ているかという意見を独自データでまとめました。

■「自分もそうだけど、甘え下手な人に多い気が…」

■「一度にひとつのことしかできないため、仕事をふれない」

■「残業が多く、少し気の毒」

■「天然ボケなのかな」

■「人の意見を聞かないから要領が悪いんだと思う」

■「片付けや掃除が下手。取り繕おうとする面がある」

■「一生懸命で不器用な子は好き。プライベート限定で」

■「可愛いと思う時もある」

見て頂いたように、要領の悪い人は、仕事上では低評価でも、プライベートではプラスに転じるような意見もありました。

「要領が悪い」を改善するには?

Fashion 601553 640

いつも上手くやろうと思っているのに、結果的に要領悪く立ち回っている…。こんな悩みはとても深刻なものです。しかし、自分が要領が悪い人間であるということを自覚できたら、もう50%は直ったも同然。

あとは、どのように行動することがベストなのかを探ることです。次は要領の悪い人が実践すべき行動を集めてみましょう。

要領が悪いポイントを把握し自分にできることを増やしていく

要領が悪い人ができる改善ポイントを一覧にしてみました。

■目的を意識する

■必要なことだけをやる

■環境・状況を考えて行動

■何を求められているのかを知る

■自分の能力を把握する

■無理をしない

■人を使うのは悪い事ではない

要領がいい人は、物事を効率よく考えています。自分を知り、環境や他人を上手に利用します。自分の出来る事、出来ない事をきっちり把握することが、要領よく仕事をするうえでは大事です。難しく考えるのをやめて、自分のできることから1つずつマスターしていくのが、要領よく仕事をするためには必要です。

周りが見えない人の特徴とは?

ここまで要領が悪い人の特徴や、改善方法について見てきましたがいかがでしたか?合わせて、周りが見えない人の特徴と改善方法も見ておきましょう。

周りが見えない人というのも、学校や会社に一定数います。自分に当てはまっている要素はないか、照らし合わせてみては、いかがでしょうか?

自己中心の人が多い

周りが見えない人には、要領の悪い人と同じように、共通した特徴があるようです。周りの見えない人の特徴一覧を確認しておきましょう。

■自己中心的で人の話が聞けない。

■とにかく自分の意見を通そうとする。我が強い。

■何度も同じ過ちを繰り返し反省しない。

■自分が嫌われていることに気づかない。

■自己中心的で人の話が聞けない。

■とにかく自分の意見を通そうとする。我が強い。

■何度も同じ過ちを繰り返し反省しない。

■自分が嫌われていることに気づかない。

この一覧で見てもらってもわかるように、自分にとってマイナス要素も大きいので、このような自己中心は、できれば改善したいところです。合わせて、周りが見えない人の改善方法を見ておきましょう。

周りが見えない人の改善方法とは?

こちらの、周りが見えない人の改善も、まずは自分が周りが見えていない人間だということを、自覚する事です。

そうはいっても、なかなか自分は周りが見えていない人間だとは気付けないものです。これから紹介する改善方法を参考にしてはいかがでしょうか?

周囲に関心を持つこと

周りが見えない人の改善ポイントを一覧にしてみました。

■周囲に関心を持つ

■世間や動きを知るで

■自分優先より、他人優先の意識を持つ

■思ったこと、言いたいことは一度じっくり考えて言動にうつす

改善ポイントをあげてみましたがいかがでしたか?改善と言っても、すぐに治るものではありません。上記のことを、少しづつでも、普段の生活から意識することから始めてみましょう。

要領が悪い・周りが見えない人の特徴に当てはまる人は改善方法を実践してみましょう!

要領が悪い人と、周りが見えない人の特徴と改善方法について紹介しましたが、いかがでしたか?どんな人でも、得意なことと苦手なことがあります。要領の悪い人は、それを把握せずに周囲が見えていないため、仕事が遅くなってしまうことが多いようです。要領が悪い人の特徴に当てはまる人は、ビジネススキルと人間力アップのために、要領の悪さを改善するための方法を実践して、仕事ができる人になていきましょう。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月6日ビジネス