共同経営のメリット・デメリットと注意点

共同経営

共同経営のメリット

Entrepreneur 593362 640

共同経営のメリット・デメリットと注意点についてみていきましょう。はじめに共同経営のメリットからです。共同経営は失敗しやすいというだけあって、どのようなメリットが存在するのでしょうか。

メリット:役割が明確で合理的に仕事をこなせる

共同経営の一つ目のメリットは役割を明確にすることで合理的に仕事をこなせる点です。 共同経営では会社内でのお互いの権限、利益や負担の分担割合などを共同経営者間の間でしっかりと決めておくことがうまくいく秘訣です。

メリット:ふたりで協力できる

共同経営のふたつ目のメリットはふたりで協力できる点です。経営者一人でやらなければならないことを協力してできます。

共同経営のデメリット

共同経営のメリットはおわかりになりましたでしょうか。共同経営のメリットは協力体制でしか生めないパワーでしょう。続いて、メリットの後はデメリットをみていきます。

デメリット:意思決定に時間がかかる場合がある

共同経営は意思決定はふたりでしています。共同経営者同士がコミュニケーションを取れていないと、スピード感に欠け、意思決定に時間がかかる場合があります。

デメリット:トラブルが起きやすい

共同経営はトラブルが起きやすいのも事実です。些細なことから経営方針の相違、経済的な負担など共同経営は仲違いしてしまう要因がたくさんあります。そのためデメリットとしてトラブルが起きやすい点が挙げられます。

共同経営の注意点

Argument 238529 640

共同経営のメリット、デメリットはおわかりになりましたでしょうか。それを踏まえて最後に共同経営の注意点をみていきたいと思います。

共同経営を行う際には、目的意識をすり合わせていないと、どこかで仲違いをしてしまうため最初にしっかりと話し合っておきましょう。

トラブルになった場合の対処法を想定しておく

共同経営の注意点のひとつ目はトラブルになった場合を想定しておくことです。何かを共同経営ではトラブルが起きやすいです。そこであらかじめトラブルになった場合の取り決めをしておくことでトラブルを最小限で防げるかもしれません。

共同経営で成功したケースが少ない事実を受け止めておく

共同経営で成功した企業を知っていますか。名だたる企業はほとんどが特栽的なオーナー会社です。一部上場している企業で共同経営している企業は何社でしょうか。その事実を受け止めておく必要があります。

共同経営は「負担軽減」のメリットがあるが「トラブルが起きやすい」デメリットもある

共同経営のメリット・デメリットと注意点についてみてきましたが、いかがですか。共同経営は良くも悪くも二人です。それがメリットであり、デメリットでもあります。注意点としてあらかじめトラブルが起きた時の対処法を想定しておくことです。

そして共同経営で成功するのは難しい現実を知っておきましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職