年末時期に来年達成させる目標を立てる際のポイントとは

目標

年末に来年の目標を立てるメリットとは?

Hand 895588 1280

仕事における来年の目標を立てるのであれば、時間が取れる年末時期がおすすめです。今年1年を振り返ったり、1年後の自分を想像したりして、達成できるような目標を立てていきましょう。

来年の目標を立てる際、年末がいい理由・そのメリットを見ていきます。

メリット①:今年の仕事の進み度合いを把握できる

物事の進み度合いとは、あなたの成長度合いでもあります。来年の目標を立てる際は、必ず今年の振り返りをしますよね。年末であれば、今年一年の成長度合いを分かりやすくイメージできます。

日々の自分の現状を、年末という節目にすり合わせることによって、成長度合いや目標達成度を確認しましょう。来年の目標を立てるのは、実は今年を振り返るところからがスタートですよ!

メリット②:やりたいことの実現可能性を高められる

年末に来年の目標を立てるメリットはもう1つあります。それは、自分が将来本当にやりたいことを実現する確率を高められること。

この年末時期に立てる来年の目標設定をしっかりしていないと、昔の自分がどうだったのかを確認することもできず、進歩・成長しているのわかりません。ですから、年末時期に来年の目標設定を立てることはメリットがあり、かつ非常に大事となります。

仕事で目標達成できない人の特徴とは?

せっかく年末に来年の目標を立てても、達成しなければ意味がありません。しっかりと達成できる人がいる一方で、年末時期に立てた来年度の目標を達成できない人も多いです。

では、年末時期に立てた来年度の目標を達成できない人には、どのような特徴があるのかというと、以下のような特徴があります。

特徴①:目標達成に必要なプロセスが不明確

目標達成ができない人の1つ目の特徴は、「目標を達成するために自分が何をすればよいかが分からない」人です。

また、来年の目標を立てるだけで終わってしまい、その目標をどのように達成していくかというプロセスが明確になっていないのです。それでは、ただ「年末に今年一年を振り返ってみた」で終わってしまいますよ。

特徴②:仕事の目標内容に具体性がない

目標達成できない人の特徴2つ目は「立てた目標の具体性がまったくない、もしくは分らない」ことです。来年度に実現したい目標だからと、あまりにも漠然とした目標を立ててしまうため、結局達成できなくなるのです。

例えば…

■今年の2倍の仕事ぶりを目指す

(※仕事ぶりを2倍と判断する基準が曖昧です。)

■仕事を通して一人でも多くの人に貢献する

(※どうしたら貢献したことになるかが不明瞭です。)

自分でも、何をすればその目標を達成できるのかわからない…そんな人は、設定の仕方を見直す必要があるでしょう。仕事における目標は"可視化"することが大切ですよ。

特徴③:極端な目標設定を立ててしまう

今年の年末時期に、来年の目標を立てるものの、なかなか目標達成ができない人は「極端な目標設定をしてしまう」場合が多いです。

例えば…

■給料を10倍にする

(※仕事ぶりがよくても、社内制度として1年では無理かもしれません。)

■世界中で自分の仕事をする

(※現職での"来年の目標"としては、かなら難易度が高いです。)

年末だからと、あまりにも高い目標を立てる為、自分でも途中で「どうせできない」と諦めてしまいます。場合によっては、周囲からも「どうせ達成もできないような目標を立てるなよ」と見放されてしまいます。

来年必ず達成させる目標設定の立てかたとは?

年末時期に、来年の目標を立てるメリットと、立てた目標を達成できない人に共通する特徴を紹介してきました。

続いては、来年度の仕事に関する目標を立てる際、必ず達成させるための3つのポイントを紹介していきます。年末時期に、来年度の目標を立てようと考えられている方はぜひ参考にしてみてください。

ポイント①:本当に達成したい目標を立てる

World

そんなの当たり前だろうと思われてしまうかもしれませんが、これは非常に大事なポイントとなります。自分が心から納得できる目標であれば、「成功している姿」も具体的にイメージできるはず。

逆に、上司や他人の表情を気にして立てた目標なら、それをイメージすることは難しいでしょう。達成率は、強くイメージすればするほど上がるはずです。ですので、今年の年末時期に来年の目標を立てる際には「本当に達成したい目標を立てる」というポイントを活かしてみましょう。

ポイント②:低すぎず高すぎない実現可能な目標を立てる

目標を立てるときのポイントの2つ目として、立てる目標は低すぎても、高すぎてもいけないというところです。どちらの場合も、やる気が削がれるからです。

しかし、あえてどちらが望ましいかといえば圧倒的に、高すぎる目標を立てる方です。低い目標は、たとえ達成できても虚しさしか残りません。今年の年末時期に、来年度の目標を立てる際には、低すぎず高すぎない"頑張れば達成できそう"な目標を立てましょう。

仕事の抱負は年末に!来年の目標を立てる際は実現可能な計画にしよう!

年末時期に、来年の目標を立てる際のポイントや、いつも目標を達成できない人の特徴を紹介してきましたがいかがでしたか?年末は今年一年を振り返るいい機会です。その振り返りが、良い目標設定につながります。

目標設定するのは、仕事の質を高めるためには絶対に必要です。目標設定を立てる方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にして、年末に次年の目標を立てるようにしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月8日ビジネス