仕事ができる人の手帳の選び方

手帳

仕事ができる人の手帳の選び方:ビジネス手帳を大きさで選ぶ

Entrepreneur 696976 640

仕事ができる人の手帳の選び方として、まず最初に、大きさで選ぶ時のポイントについて紹介しますが、

ビジネス手帳の大きさは機能性や持ち運びなどに影響してきますので、自分でどれ位の大きさが良いのかを考えて購入するようにしましょう。

A5サイズ(デスクサイズ)はオススメ

システム手帳の中で記入容量が大きく仕事使いに最適です A5サイズはビジネス書類の主流のA4サイズの半分の大きさ。システム手帳をノートのように使うヘビーユーザーや、会議、打ち合わせ、商談など、多く書き込む情報量がたくさん欲しい場合にはA5サイズのシステム手帳がおすすめです。

バイブルサイズも使いやすい手帳です

システム手帳のバイブルサイズは、最も人気がありポピュラーなサイズ。

月間や週間スケジュールメモや商談メモ、罫線メモ、名刺ホルダー、住所録、ToDoリストなどはもちろん、リフィルの穴あけパンチや定規などもセットすることが出来たりします。

またバイブルサイズは、ほとんどの文房具店で扱いがあるので、出張においてもすぐに補充する事が可能ですので。 ビジネスで使用するケースでは、商談やアポイント、会議などが多い人にも書き込むスペースが充分にありますし、移動の際にもビジネスバッグに入れやすいですのでシステム手帳の中でも最も使いやすいサイズと言えるでしょう。

ミニ6穴サイズ(ポケットサイズ)は女性に人気で使いやすい

Startup 593326 640

バックにも入る大きさ。特に女性に人気のシステム手帳。

システム手帳のサイズで、バイブルサイズに次いで人気があるのが、ミニ6穴タイプです。書き込み情報量はバイブルサイズに比べてかなり少なくなるものの、スケジュール管理と簡単なメモぐらいしか使用しない方で、携帯性を重視する方にはおすすめのサイズです。

仕事ができる人の手帳の選び方:ビジネス手帳は2種類用意しておくと便利

ビジネス手帳は2種類用意しておくと便利ですし、バインダー式になっているものだと、用紙を足すことができるので、自分の好きなように調節できますし、小さいサイズで携帯用に持つなど、用途にあわせて手帳を選ぶのもいいでしょう。

仕事ができる人の手帳の選び方を参考にして役立つ手帳を!!

いかがでしたか!?

今回、仕事ができる人の手帳の選び方について紹介していきました。こうしたビジネス手帳の選び方についても、なんでもいいとかではなく、仕事をするうえで、便利かどうか考えながら選ぶことは、意外に大事ことです。

また、手帳はビジネスパーソンにとって、必要不可欠なアイテムですから、今回紹介した、仕事ができる人の手帳の選び方を参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス