「おっしゃられました」は間違い!正しい表現とその他にも注意したい丁寧な言葉

敬語

「仰られた」は正しい敬語?

Books 1155557 960 720

目の上の人やお客様に対しては、どうしても敬語を使わなければなりません。しかし、この敬語がしっかり身に付いていないにも関わらず、社会に出ている人が近年多くなってきました。そのため、どうしても間違った敬語を使ってしまうケースが見受けられます。

よく耳にする敬語に「おっしゃられました」があります。「社長がおっしゃられました」と、いう人を見かけるくらい普通に使われていますが、これは正しい使い方になっているのでしょうか。

「仰られた」は実は間違い

「おっしゃられました」に違和感を感じない人が多いと言われているように、多用されている現状ではありますが、実は間違った表現です。

えっ?これって正しいんじゃないの?と思った方の方が多いことでしょう。多くの人が「おっしゃられました」を使用するため、誤った認識をしてしまっているのです。

この「仰られた」という言葉を大切な場面で間違えてしまうと、教養がないと思われてしまうかもしれません。商談などで失敗しないためにも正しい表現を知る必要があります。

「仰られた」は二重敬語になってしまっている

Letters 1724704 960 720

「仰られた・おっしゃられました」がなぜ間違っているのでしょうか?そこが分からないと、今後も他の言葉でも同じように間違えてしまう可能性があるので、しっかり根本的に理解しましょう。

「仰られた・おっしゃられました」は二重敬語になってしまっているため、間違っているのです。

二重敬語とは、同じ種類の敬語を誤って再度使用していることをいいます。「仰られた・おっしゃられました」に関しては、“尊敬語+尊敬語”になってしまっているため間違いなのです。

「仰られた・おっしゃられました」は敬語が重複している

“尊敬語+尊敬語”になっているとは言われても、どこからそうなっているのかよくわかりませんよね。そこで、まずは「言う」の尊敬語を知る必要があります。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」です。

「仰られた・おっしゃられました」は、この「おっしゃる」に「~られる」という尊敬の助動詞がくっついている状態になっています。そのため、“尊敬語+尊敬語”になっており、二重敬語になってしまっているのです。

二重敬語はひとつの敬語要素を省くことで正しくなる

Scissors 1534065 960 720

では、「仰られた・おっしゃられました」の正しい表現方法はどうすればいいのでしょうか?二重敬語を正しく言うとなると、難しく考えてしまう人もいますが、案外簡単です。なにせ、二重敬語は、同じ敬語が重複してしまっているから問題なので、ひとつの敬語にしてあげれば、正しい敬語になります。

「仰られた・おっしゃられました」の正しい使い方は「おっしゃいました」

では、どの表現が正しいのですか?「おっしゃる」+「~られる」の形が間違っているので、正しい形としては、「おっしゃいました」です。この言葉を聞くと、これでいいのと感じてしまうかもしれませんが、これが正しい形です。

あまり難しく考えすぎなくても尊敬語にはなるということが分かりますね。

二重敬語はなぜいけないの?

Blindfolded 1732522 960 720

敬語は、丁寧であればあるほど、敬っている感じが出ていいと考えてしまいますが、なぜ二重敬語はいけないのでしょうか。

古典などでは、天皇や皇族などに対して、二重敬語を見かけることがあります。しかし、それが上下・主従関係を強調してしまうということで、徐々に使われなくなっていきました。そのため、現代では、あまり使わないようにされているのです。

二重敬語を使うことでまわりくどい印象を与えてしまう

時代の変遷とともに二重敬語は禁止になってきましたが、その結果、現代で二重敬語を使ってしまうと思わぬ弊害が生まれてしまうことがあるのです。

日常生活で二重敬語を使ってもそこまで、悪く思われることはないとされていますが、どうしてもまわりくどい印象を与えてしまう時があります。

また、あまりにもへりくだり過ぎていて、やりにくさも相手は感じるともいわれているので、過度な二重敬語は控えた方がいいでしょう。

ビジネスの場では信用してもらえなくなる

日常生活であれば、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんが、ビジネスの場では注意が必要です。「仰られた」などの二重表現をビジネスの場で使ってしまうと信用を得られない可能性があります。教養がなっていないと判断されてしまうからです。ビジネスの場では、信用が第一です。言葉遣いにも注意するようにしましょう。

「仰られた」以外に注意したい丁寧な言葉

Bible 1149924 960 720

「仰られた」以外にも使い方に注意しなければならない丁寧な言葉があります。意外と美馬さん間違えていますので、この機会に正しい言葉使いをマスターしましょう。

「ご覧になられました」

「ご覧になられました」もよく間違えられる言葉ですが、「見る」の尊敬語は「ご覧になる、見られる」です。そのため、正しい使い方は

○○をご覧になりました

○○を見られる

になります。

「おやりになられましたか」

「おやりになられましたか」はなんとなく、失礼な感じがしますよね。ちなみに「やる」の尊敬語は「おやりになる、やられる」なので、正しい使い方は

○○はおやりになりましたか?

○○はやられましたか?

です。

「おやりになられましたか」はなんとなく、失礼な感じがしますよね。ちなみに「やる」の尊敬語は「おやりになる、やられる」なので、正しい使い方は

○○はおやりになりましたか?

○○はやられましたか?

です。

「お飲みになられませんか」

「お飲みになられませんか」は、一見正しい使い方をしているように言えますが、実は間違っています。飲むの尊敬語は「召し上がる、お飲みになる」なので、

○○を召し上がりませんか

○○はお飲みになりませんか

が正しい使い方になります。

容認されている二重敬語もある

Bike 1700749 960 720

二重敬語でも慣用表現として容認されている言葉もあります。あまりにもなじみ深くなってしまったが故に、認められたのです。正しい日本語が廃れていってしまうので、しっかり身に付けたいものですね。

お召し上がりになる

「お召し上がりになりますか」は、「お」「召し上がり」「なられますか」がそれぞれ敬語になるので、3つも重複していることになります。しかし、現代ではある程度容認されているので、使うことは可能です。

ちなみに正しい使い方は「召し上がりますか」になります。

お伺いする

これもよく使われていますね。よく耳にするからこそ、正しい使い方が分からなくなりがちですが、「伺う」は「聞く」の謙譲語になり、「お~する」も敬語になるため二重に使用しています。そのため

参ります

伺います

が正しい表現になります。

「仰られた」は間違い!正しくは「おっしゃいました」!二重敬語はビジネスの場ではご法度なので注意

Book 419589 960 720

「仰られた」は日常的によく耳にする言葉であるため、使い方が間違っているとは思いにくいですが、実は正しくありません。何故なら、二重敬語になってしまっているからです。そのため、正しい表現は、「おっしゃいました」になります。

「仰られた」のように間違えやすい日本語はまだまだありますので、今使っている言葉で正しいのか一度確認してみることをおススメします。

この二重敬語はビジネスの場では信用を落とす可能性もあるため、正しい日本語を覚えておいて損はありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス