会費の納入督促をする文書の作成方法【例文あり】

2017年7月11日会費, 督促状

納入督促文の構成

Cc

会費とは、その会を存続させるために必要となる費用を意味します。この会費の納入が遅れることは、珍しくありません。そういった際に作成するのが、「督促状」です。納入督促によって相手へ未納の旨を知らせることができれば、状況の改善を図れるでしょう。納入督促において書面に書くべき内容は、以下の通りです。

①相手の氏名

②日付・会の名前・自分の氏名など

③タイトル

④挨拶

⑤本題(未納の旨を伝える+納入督促)

本題の部分では期限だった日や当日の日付を記入しておくと、相手とのすれ違いを防げます。確認日以降に相手が納入しているケースなどでは、すれ違いが起きやすいのです。覚えておきましょう。

納入督促状の内容に関しての注意事項

では、そんな納入督促における注意点を見ていきましょう。借金などとは違い、会費納入に関しての督促状は、あくまでも支払ってもらえるよう「お願い」するものです。ですので、威圧感のある文章にならないように注意してください。もし威圧感のある文章などを送ってしまえば、相手は不快感を抱きます。円滑な取引のためにも、丁寧にお願いする文章を作成しましょう。

会費の納入督促状の例文

納入督促の文章について見てきましたが、実際にはどう書くのが正解なのでしょうか。例文がなければ、なかなか想像しにくいですよね。そこで以下では、納入督促の文章の例文をご紹介いたします。ぜひ以下の例文を参考にして、納入督促の文書を作成してください。

例文

○○ ○○様

平成○年○月✕日(右寄せ)

✕✕会(右寄せ)

会計係 ○✕ ✕○ 印 (右寄せ)

会費納入のお願い(中央寄せ)

拝啓 師走の候、会員様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

日頃より、当会へのご協力とご尽力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、先日お知らせしました平成○年の会費が、本日(○月✕日)現在未納の状態です。

ご多忙とは存じますが、至急ご確認のうえお振込みをお願い申し上げます。

なお、本状とお振り込みが行き違いになっていましたら、何卒ご容赦ください。

取り急ぎ、会費納入のお願いまで。

敬具(右向け)

例文を基に失礼のない文書を作成して会費の納入督促を行おう

会費の納入督促について見てきました。督促文は、請求した費用を円滑に回収するための文書です。相手へ未納を知らせる役割も持っている督促文の作成方法は、社会人として知っておくべきでしょう。会費が全て集まらなければ、事務処理において苦労してしまいます。しっかりと例文を基に作成方法を把握し、失礼のない督促状を作成してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日ビジネス

Posted by BiZPARK