上司に同行を依頼する場合のメールの送り方

2018年1月30日依頼メール

上司へ同行依頼メールを送る際の注意点

Keyboard 453795 1280

上司に同行を依頼する場合のメールの書き方とは一体どんな方法でしょうか。ご同行お願いします、という文書です。しかし、あて先は、自分の上司、他部門の上司、他社の人と別々です。いずれも、自分一人では押しが弱いとか、質疑応答がしきれないとか、そういった理由が書かれています。

なぜ同行が必要かを明記

上司に送るメールにはなぜ同行を依頼するか明記しましょう。○○の製品の説明する際にどうしても上司がいるとか、また謝罪やお礼を先方にするので上司同行が必要など、依頼される側が「なぜ同行?」にならないようにメールには同行しなければいけない理由を書きましょう。

同行のお礼メールの書き方

上司に同行を依頼する場合のメールの書き方は参考になりましたでしょうか。次に依頼の後は同行してもらったらお礼を伝えます。どんなふうに助かったか、また次の仕事につなげられるかなど、その人に同行してもらって上がった成果を報告しましょう。

同行した成果を具体的に書く

依頼を快く快諾した上司に対して、お礼メール書く場合は同行のおかげで「○○が助かった」や「○○が勉強となり、今後の仕事に繋がります」など具体的に書きましょう。同行依頼を受けた上司も同行した成果が見えなければ、無駄足になるだけですからね。

同行依頼メールを送る際は相手に配慮

Blogging 336376 1280

上司への同行のお礼メールの書き方は参考になりましたでしょうか。依頼した後はきちんとお礼のメールーを送りましょう。ビジネスメールでも相手に対する配慮は必要です。ましてお願いして、行ってもらって、それからありがとうございましたという、その流れの中で失礼な対応をうっかりしてしまわないように気を付けましょう。

相手も時間を割いていることを意識

同行を依頼された上司は同行するために時間を割いています。同行も上司にしては一つの仕事かもしれませんが、予定を調整して同行しています。その事を忘れないでください。同行してもらって当たり前と思ってはいけません。

上司に依頼する場合は同行する必要性を明記し必ずお礼メールを送る

上司に同行を依頼する場合のメールの送り方についてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか。同行の依頼をするには、どうしてその依頼をその人にするのか、理由も書き添えると、ただお願いだけが書いてあるよりも協力してもらいやすくなります。また、同行してもらった時は後でお礼のメールを送りましょう。お礼のメールは、同行してもらえて成果が出た、これからにつなげます、と締めます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月30日ビジネス

Posted by BiZPARK