社内の表彰式で受賞した人に送るお祝いメールの書き方と例文

お祝いメール

社内表彰された受賞者に送るお祝いメールの書き方

A1640 000080

まず、社内表彰された受賞者に送るお祝いメールの基本的な書き方からご紹介します。

普段、ビジネスシーンで使うメールとマナーはあまり変わりませんが、メールの送り方の見直しのためにも、きちんと覚えておきましょう。

件名は内容が分かるように!メールの最後には差出人の署名を

まず、件名だけで社内表彰の受賞を祝うメールだとわかるようにしましょう。「社内表彰受賞のお祝い」というような件名をつけると良いです。

本文では、日頃お世話になっているお礼を書き、続けて相手の社内表彰受賞を喜ぶ気持ちを素直に書き表しましょう。

そして最後に、今後の活躍と身体や健康への気遣いを書き、署名を貼りつけます。社内メールでも、署名は必ず貼っておくのがマナーです。

件名と署名を入れるのは「受け取った人への心遣い」

社内表彰の受賞を祝うメールだとわかる件名を書き、署名までつけるのには意味があります。

社内表彰で賞を受賞したら、その人には会社中から祝いのメールが届きます。

あなたは社内の人だから間違えられるケースはないだろうと思っていても、相手にとっては、社内表彰を受けたことで会社中から似たような内容のメールが届くことになります。

そうなると、どれが誰だか分からなくなる可能性もあります。

相手に手間をかけさせないためにも、きちんとあなたが何課の誰さんなのか分かるようなメールの書き方をするのが、メールを送る側の心遣いです。

社内表彰の受賞のお祝いメールで使いたい例文を紹介

基本的な書き方が分かったところで、実際に社内表彰の受賞のお祝いメールにどのような内容を書いたら良いのか、それを例文で見ておきましょう。

繰り返しになりますが、大事なのは社内の人とは言えビジネスマナーを弁えておく点です。

受賞お祝いパーティーの開催の開催などを盛り込むと喜ばれる

件名は『社内表彰受賞のお祝い』とします。

○○部○○様 

いつもお世話になっております。○○部の○○○○です。

このたびは、社内表彰を受賞なさいました由、社内報で拝読いたしました。○○様、おめでとうございます。

ふだんお付き合いをさせて頂いている私としても、自分のことのように嬉しいです。心よりお祝い申し上げます。

これもひとえに、○○様の日頃の努力の賜物と敬服いたしております。

今後はますますご多忙になることと存じますが、くれぐれもご自愛のうえ、ご活躍されますことを心より祈念いたします。

○○部 ○○○○

などとしましょう。

その際、社内表彰の受賞を祝うパーティーが開催するのであれば、その招待として本文の後に追伸をいれます。

『ぜひお祝いの席を設けたいと思っております。○○様のご都合のよろしい日をお聞かせいただけますでしょうか?』

といったふうに書き添えておきましょう。

相手が同期やもっと親しい相手が受賞した場合は、もう少し砕けた言葉遣いにして、親しみを込めた文にするとベストです。

社内表彰の受賞をお祝いするメールで注意すべき点

社内表彰などを受賞した人に贈るお祝いメールの基本的な書き方と流れについては理解いただけましたでしょうか。

しかし、お祝いメールを書くときにはいくつかの注意点もあります。

最後にご紹介する注意点も考慮して、気持ちよくお祝いするようにしましょう。

A0001 013635

必ず「当日中」に送るのがマナー

お祝いメールを送る際は、対象者が社内表彰で受賞したその日のうちに送るのがマナーです。

タイミングを外したお祝いメールでは、相手にあなたの気持ちがうまく伝わりません。

後でお祝いの品やお祝いの席を予定している場合も、お祝いメールだけは一足先に出しておきましょう。もし、仕事の都合などでやむを得ず遅れて出すときには、その理由を書く必要があります。

更に、お祝いメールは慶事に属します。ですので、忌み言葉を使わないように注意しなければなりません。また、お祝いメールと業務上のメールやその他の連絡メールを兼ねてはいけません。メール内容は祝う言葉のみにして、業務上の連絡などは別のメールとして送りましょう。

お祝いは慶事なので、忌み言葉を使わないようにも注意!

更に、お祝いメールは慶事に属します。ですので、忌み言葉を使わないように注意しなければなりません。

また、お祝いメールと業務上のメールやその他の連絡メールを兼ねるのはマナー違反です。

メール内容は、受賞を祝う言葉のみにして、業務上の連絡などは別のメールとして送りましょう。

社内表彰で受賞されたお祝いメールは「件名と署名」を忘れずに当日中に送る!

相手に「おめでとう」の気持ちを伝えるときは、できるだけ早い方があなたの喜んでいる思いが伝わるというものです。

それが社内表彰で賞を受賞した人であれば、すぐにお祝いメールを出しましょう。ただし、お祝いの気持ちを盛り上がるだけでなく、きちんと件名や文末には気を配る必要があります。

また、お祝いメールを出しておくと、後日顔を会わせたときお互いに気持ちよく仕事ができます。

お祝いメールはビジネスマンにとって、コミュニケーションツールの一つでもあると考えて、丁寧に送るのが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス