エンジン開発技術者を志望する人が知っておきたい仕事内容や必要な知識

エンジン開発技術者

自動車業界へ応募を考えている人は多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「自動車業界への応募予定はありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • はい
  • ない
  • ある
  • なし
  • あります。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール

■調査日時:2017年3月6日

■調査元:ポート株式会社

■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生

■質問内容:「自動車業界への応募予定はありますか?」

アンケート結果を見ると、およそ半分ほどの就活生が自動車業界へ「応募する」としています。自動車業界はどれも大手企業のため、人気があるのでしょう。そんな自動車業界のなかでも、エンジン開発技術者になるにはどういった知識が必要なのでしょうか。

エンジン開発技術者は広範囲の技術知識が必要

Classic 839792 960 720

エンジン開発技術者は、自動車メーカーなどにおいてエンジン部分の設計や開発をおこないます。業務内容は、エンジンの実験や制御開発など、開発研究全般です。エンジン開発では、広範囲の技術知識が必要とされます。また、それらを周囲と連携集約して共有しなければなりません。

機械工学や機械力学の知識が必要

エンジン開発技術者には、機械工学や機械力学などの知識が必要です。そのため、高専や大学で専門分野の知識と経験を身に付けておかなければなりません。また、転職する場合も経験者が優遇される傾向にあります。自動車メーカーにおいては、コンピュータの制御開発経験者を歓迎しているケースもあるため、大学の工学部出身の方などはチャレンジしやすくなっています。

エンジン開発技術者は開発研究全般を担うため広範囲の知識が求められる

いかがでしたか。エンジン開発技術者には、開発研究全般を担うための知識が求められます。そのため、機械工学や機械力学などの知識が必要です。高専や大学で専門分野を学んだ人は、スキルを活かせる職場になるでしょう。自動車メーカーのエンジン開発技術者の転職において、コンピュータの制御開発経験者を歓迎するケースもあるため、高専や大学で学んだ専門知識はさまざまな分野で活かせると言えます。自動車メーカーのほかにも航空機用などもあるため、エンジン開発技術者として活躍する職場は自分に合ったところを選びましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月18日ビジネス