社内SEの魅力・やりがいと仕事内容~向いている人もご紹介~

社内SE

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容は、特定の会社で企業内のシステムの構築から運用、保守などそのすべてです。会社に深く関わる存在なので、責任感が問われる職業と言えます。インフラ構築・運用・保守も、社内SEの仕事の1つです。システム企画やサポートもおこなうため、社内SEの仕事は多岐に渡るといえるでしょう。

社内SE職として働く事の魅力

では、そんな社内SEの魅力とは、なんなのでしょうか。

一番に挙げられるのは、会社のIT担当者として頼られることが多い点でしょう。社内SEとして働く会社では、ITのことについて詳しくない人がほとんどです。そうなると、「社内SEの○○さんに聞こう!」と必然的になるため、自分がIT担当者であると何度も自覚できる点は、モチベーションに繋がります。また、フリーランスのSEと違い、1つの会社で働くことになるため、愛社精神もわいてくるでしょう。その愛社精神は、「この会社のためにこんなシステムを作ろう」とやる気にもなっていくはずです。

社内SE職に必要なスキル

社内SEとして働くために必要なスキルは、大きく分けて2つあります。それが「技術」「コミュニケーション能力」です。まずはSEとしての技術ですが、これはある程度ないと社内SEとして活躍しにくいかもしれません。また、業務量こそ少ないところが多いですが、質問されたときに分かりやすく説明できるよう、備えておく必要もあります。そして2つ目のコミュニケーション能力ですが、社内SEですから現場の人たちの声に耳を傾けてシステム構築などをしていかなければなりません。

社内SE職に向いている人

社内SEに向いているのは、やはり組織として動ける人や聞き出す力がある人でしょう。さきほどコミュニケーション能力が必要だと説明した通り、社内SEとの連携がうまくいけば、仕事もスムーズになります。また、企業が手掛けている事業に興味を持てる人も、向いているといえるでしょう。

まとめ

社内SEの仕事内容や魅力、やりがいなどについて見てきました。いかがでしたか?社内SEは、特定の会社でシステム構築から運用、保守まで幅広く担当します。頼られることに喜びややりがいを感じる人が多いといえるでしょう。また、社内SEに求められるスキルとしては技術とコミュニケーション能力だといえます。社内SEを目指す際は、こういった点をアピールしていくとよいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月18日転職