総合職に転職するためにすべきこと

2016年12月13日総合職

総合職に転職する際は、自分の働き方、成し遂げたいことを考えながら検討しよう

Office 581131 1280

総合職に転職する際にすべきことは、いつもでも対応できるように事前準備を周到に行い、スタート段階で履歴書を用意することです。なぜ、総合職に転職したいと思ったのか、自分が総合職で働くにあたってどのようなことに貢献できるのか。その企業の総合職として何を成し遂げたいのかなど、いかに自分をアピールできるかが転職する際のポイントになってくるでしょう。一度は社会に出た社会人経験者ですので、新卒よりも使える人材の期待は大きいでしょう。その期待に応えれるよう、前々から転職をする準備をしっかり行っておきましょう。

総合職が求めている人材を理解する

総合職は、将来的に管理職を目指すことができる職種です。そのため、転勤や異動も少なくないということを理解しておく必要があります。そのため、転職や異動に抵抗のある方はあまり総合職をおすすめできないでしょう。総合職においては、企業側もゆくゆく会社を引っ張り、貢献してくれる人材を求めているのです。総合職を希望するには、異動や転勤、仕事においても積極的に会社の役に立つんだ!という意気込みが大事なのです。

総合職の魅力はステップアップできること

総合職の魅力は、スペシャリストを目指して、リーダーから管理職、幹部へとステップアップできることです。さまざまな職種をローテーションや、その中で自分の能力に合った職種に就くことができる可能性もあるのです。責任にある仕事もたくさん与えられるでしょう、それを苦に感じるようでは、総合職は務まりません。どんな仕事やどんな困難にも立ち向かい、目標とするレベルに近づきステップアップしていきましょう。

将来の出世や昇格が見込める

先ほど挙げたように、総合職は将来的に管理職や幹部候補といった会社の中核になる候補です。そのため他の職種と比較しても将来の出世や昇格が見込めるのです。もちろん、その分の成果は期待され、あたらえれる仕事にも責任があるものが多いのでしょう。

総合職への転職はチャレンジ精神と責任感が大事

総合職は、将来的に管理職などといった会社のトップを目指すことができる職種になります。転職においても、新しい取り組みに積極的にチャレンジしようという意欲の有る方や、最後まで責任を持って仕事をできる人が総合職に向いているといえるでしょう。

転職のためにすべきことは意欲的な姿のアピール

総合職への転職のためにすべきことは、転勤や異動の有無に関わらず、どこでも何でもやるという仕事へ対する意欲的なアピールです。企業も将来有望な人材を求めています。総合職として何がやりたいのかといった明確なイメージを持ち、しっかり相手にアピールしましょう。

総合職への転職ですべきことは自分の働き方や成し遂げたいことを明確にし意欲的にアピールすること

総合職へ転職する際にすべきことは、自分の働き方や成し遂げたいことを明確にすることが大事です。また、総合職は、将来的に管理職や幹部といった会社の中核になると期待されているため、ものごとにたいするチャレンジ精神や業務に対する責任感が求められます。責任があるぶん昇格などもしやすいのが総合職の特徴です。転職を考えている方は、イメージを明確にし、意欲的に自分をアピールするようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月13日転職

Posted by BiZPARK