プロジェクトリーダーの年収【職業別】

プロジェクトリーダー

金融業界のプロジェクトリーダーの年収:約800~1,000万円

Business 839788 640

投資銀行や銀行において、株や投資信託と言った証券関連の運用を行なっているプロジェクトリーダーは、高い年収を獲得しています。彼らの年収は、おおよそ800~1,000万円です。金額からも分かるように、金融業界のプロジェクトリーダーは、比較的高い年収を獲得していると言えるでしょう。

年功序列や平均年齢から年収が高い傾向にある

どうして金融業界のプロジェクトリーダーの年収は、その他の業種と比較してもそこまで多くの年収を獲得できるのでしょうか?それは、金融業界に勤めるプロジェクトリーダーたちが平均して30歳代であることと、年功序列による給与体系から、成果報酬型に切り替わっているからというのが理由となっています。単純に新卒から年齢を経たのちにプロジェクトリーダーになったからという理由で、これだけの年収を獲得しているわけではないのです。

医療業界のプロジェクトリーダーの年収:約700~800万円

プロジェクトリーダーの年収において、次に多くの年収を獲得している業界はどこになるのでしょうか?それは、医療業界のプロジェクトリーダーです。彼らの年収は700~800万円程度となっています。医療業界は常に先進的な薬の開発をしていかなければならない背景もありますし、何よりそれらを販売し続けなければいけません。とはいえ、医薬品や医療品は私たちの身近な存在となるため、やはり売れ続けます。

医薬品や医療品の使用割合が高いため年収も高い

日本のおける医薬品や医療品の使用割合が、年々増えている点が年収を高める背景となっています。現在日本の総人口に対して、おおよそ25%の人間が「65歳以上の高齢者」となっているために、かれらの医療にかかる費用分も合わせながら、私たちの分も含めて多くの医薬品や医療品が必要なのです。

プログラミング業界のプロジェクトリーダーの年収:約500~600万円

プロジェクトリーダーで、次に高い年収を獲得しているのはどの業界なのでしょうか?それは、プログラミング業界におけるプロジェクトリーダーとなります。私たちの身の回りの製品で、「IT」が使われていない製品を探すのはとても難しくなる程に、プログラマーが開発したプロダクトやシステムが、とてつもない大きな価値を持つ時代となってきました。そのため、彼らの年収は、500~600万円程度となっています。

若くてもこの年収で推移している

プログラミング業界におけるプロジェクトリーダーの年収の推移は、その他の業界と比較をした時に低い値を推移しています。しかし、プログラマーにおけるプロジェクトリーダーは、20歳代前半だとしても担当できるため、年齢の制限を受けづらくなるという大きな利点があるのです。プログラミング以外の業界では、年齢による年収の高推移がどうしても見受けられますが、そういった年齢により賃金の上昇を気にせずに働ける能力がある人には、嬉しい環境下となっています。

プロジェクトリーダーの年収は比較的どの業界も高く最高で1,000万円を得られる

プロジェクトリーダーの年収において、各業界の大きな違いがあるのを、その理由と合わせてお伝えしてきました。どの業界であっても、プロジェクトリーダーの年収は高い傾向にあります。特に、若い人であってもプロジェクトリーダーになれるプログラミング業界は、実力があれば出世できるとても良い環境といえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年9月13日転職