27歳の男性・女性の平均年収と手取り額

20代, 平均年収, 手取り

平均年収を調べるときは国の統計を参考にする

827d351bbc82a955

平均年収を調べる時はきちんとした統計を基にするべきです。何より国のとる統計は最も信頼性の高いものとなります。確かに転職サイト等にも平均年収の統計はありますが、それはそのサイトを利用している人へのアンケートが多いものです。そうなるとどうしてもサンプルに偏りが出てしまうのです。

27歳の平均年収は「男性:371万円」「女性:295万円」

0ndfadbadxaaxucozieevlw6hthedxaaxqawqa0vjgas9ahzr08qamuameapeqklk4p8b2qft0w7jmqaaaabjru5erkjggg==

国税庁「平成25年 民間給与実態統計調査」

国税庁の発表する「民間給与実態統計調査」というものがあります。ここには年齢層ごとの平均給与がグラフで描かれており、一目で把握できるでしょう。この中から27歳の平均年収を見てみると、平成25年度で男性は371万円、女性は295万円となっています。

▼日本の平均年収はこちらを参考に

平均年収から27歳の手取りを計算すると「男性:300万円」「女性:235万円」

69c325b96bd8840f

年収と言うのは手取りとは異なります。会社員は所得税や社会保険料というのを天引きされたものを手取りとして貰うのです。たとえば、27歳男性の平均年収371万円から手取りを計算すると、約300万円程度となります。同じく女性の平均年収295万円から手取りを計算すると、手取りは235万円前後になります。

27歳の月々の手取りで考えると「男性25万円」「女性20万円」

これらにはボーナスも含んでいるので一概にはいえませんが、これを12で割った数が月々の手取りといえるでしょう。つまり、27歳男性の月々の手取りが25万円、27歳女性の手取りが20万円くらいと考える事ができます。

日本では年功序列で平均年収・手取りが決まることが多い

Da52b06a56847041

日本の企業の給料システムと言うのは、ほぼ年功序列となっています。これは勤続年数に従い従業員の平均年収と手取り額が増加するというシステムです。27歳の場合、もう部下がついているかもしれません。ここからさらに昇進してどんどん平均年収、手取り額は上がっていくのです。

平均年収・手取りに関しては新卒入社が有利

新卒で入社するということは勤続年数において最も有利な状況と言えるでしょう。その企業が年功序列を採用する限り、新卒以上に良いスタートラインはありません。そこで働き自分が27歳になったとき、平均的な企業であれば月給20万、ボーナス60万の生活をすることになるでしょう。

年収が平均よりも低いと感じたら

6d6918c2a4dc59bb

27歳となると、転職する時期とも言えます。同期が辞めていき、自分はどうしようと思う人も多い年齢です。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

27歳では平均年収=「男性371・女性295」◆手取り=「男性300・女性235」万円

27歳の男性・女性について、平均年収と手取りをご紹介しました。お金の計算というのは冷たいようなことに思えますが、大事な事です。収入額というのは何をするにしても基本的な要素となります。27歳に限らず、その都度の生活をイメージするときはこうした世代ごとの平均年収を参考にすると良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年9月26日転職