警備員の仕事における魅力と目指す場合に必要なスキル

警備員

警備員の仕事には種類がある

Briefcase 1578138 960 720

警備員の仕事というと人の擁護を浮かべる人が多いと思われますが、さまざまな種類があります。警備員の仕事の種類は、以下のとおりです。

・施設警備(1号警備)

商業施設やオフィスビルなどを管理する仕事

・交通誘導警備、雑踏警備(2号警備)

工事現場などの交通整理や、イベント時の誘導業務をする仕事

・輸送警備(3号警備)

現金輸送車の警備を担当することが多い仕事

・身辺警備(4号警備)

ボディーガードの仕事

人々の安全を守るために欠かせない存在

警備員の仕事には、上記で紹介したようにさまざまな種類があります。商業施設や工事現場など、いたるところで警備員が活躍しているのです。これらの仕事において、警備員の危険度は異なります。犯罪や災害から守る役目がある警備員は、人々の安全を守るためにも欠かせない存在といえるでしょう。

警備員は犯罪や災害のリスクから人々を守る魅力がある

警備員の魅力は、警察だけでカバーできない日常の安全を守る大切な仕事であることです。日々の業務において、警察のほかに人々の安全や財産を守る仕事はなかなかありません。どのような場所においても、犯罪や災害が起こってしまうリスクはあります。そのようなリスクを防止する警備員として働くことに、やりがいを感じられるでしょう。

多くの人が集まる場所ではトラブルが予測される

警備員は、いつ犯罪や迷惑行為に巻き込まれるかわかりません。そのため、常に緊張感をもって仕事をする必要があります。商業施設やイベントなど、多くの人が集まる場所では何かしらのトラブルが予測されるものです。そのようなトラブルに対処するためにも、普段から体調管理をしっかりおこない集中力を切らさないようにしなければなりません。また、仲間と連絡を取り合うなどの連携も必要です。現場を管理するためにも、横のつながりは欠かせません。

警備員の仕事は責任感が強い人に向いている

警備員の仕事は人々の安全を守る魅力がありますが、どのような人が向いているのでしょうか。警備員に向いているのは、責任感が強い人といえます。人命を守らなければならないという義務は、簡単にこなせるものではありません。そのため、警備員として仕事を全うするという責任感が必要なのです。責任感のある行動は、周囲から信頼を得ることにもつながります。

自己アピールには体力に自信がある点を盛り込む

警備員には、もちろん体力も必要です。犯罪や危険から人々を守ろうとしたとき、体力がなかったら助けられません。警備員を目指す場合の自己アピールには、体力に自信がある点も盛り込むようにしましょう。学生時代にスポーツをやっていたエピソードなど、体力があることを具体的に伝えることが大切です。また、体力の維持には体調管理も必要であるため、そのような点もアピールするといいでしょう。

警備員は人々を危険から守る魅力があるため責任感や体力が求められる

いかがでしたか。警備員の魅力や目指す場合のポイントについてご紹介してきました。警備員の仕事は、人々の安全を守るということに魅力があります。警察以外に、日常的に人々の安全を第一に考えて守る職業というのは、警備員しかないのではないでしょうか。警備員には、責任感が求められます。人々を危険から守るというのは、なかなかできないことです。また、警備員としての仕事を全うするためには体力が必要になります。警備員の仕事を目指す場合は、責任感や体力のアピールを忘れないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月21日ビジネス