施設常駐警備員を目指す人がおさえておきたい職務経歴書の書き方

警備員

施設常駐警備員を目指す職務経歴書はアピールが必要

Architect 791707 960 720

施設常駐警備員を目指す場合の職務経歴書は、前職での具体的な経験をアピールする必要があります。施設常駐警備員は、ショッピングセンターやオフィスビルなどを警備する仕事です。肉体的にハードなほかの警備の仕事に比べて、同じ勤務先で肉体的にも負担が軽い仕事ができるため、警備の仕事のなかでも人気があります。

監視カメラのチェックなどの施設の保安が仕事

施設常駐警備では、監視カメラや警報装置を活用しているところも多いため、それらの監視などが仕事としてあげられます。監視カメラの映像を定期的にチェックして、上記でご紹介したような施設の保安をします。犯罪や事故を防ぐことが施設常駐警備の仕事ですが、災害時の避難誘導なども大切な仕事です。常日頃から、監視カメラが正常に作動するかどうかのチェックや避難経路を正しく認識しておかなければなりません。施設常駐警備では決まった業務を定期的におこない、犯罪や災害時に役立てるように備えておくことが大切です。

常駐警備の職務経歴書は自分自身のアピールに活用する

職務経歴書には職歴を記載していきますが、職歴が複数に渡る場合は時間列ごとにわかりやすくまとめる必要があります。どのような業務をしたのか、その仕事で得たスキルは何なのかなど。職歴のなかで得たスキルや資格を記載してもいいですし、前職であげた実績について記載するのもいいでしょう。施設常駐警備に採用されるためにも、職務経歴書で自分自身をアピールしていきましょう。

職務経歴書に施設常駐警備の会社が求める人物像を反映させる

施設常駐警備の職務経歴書の書き方として、どこでどんな仕事をしてきたのかという経験を明確に記入することが大切です。そして、その経験を踏まえて施設常駐警備員として何ができるのかを伝えましょう。その場合は、施設常駐警備の会社が求める人物像を把握して、その点をアピールすることが大切です。施設常駐警備の会社が求める人物像にアピールポイントをあわせるためにも、他の会社と同じ職務経歴書を使わずにオリジナルの者を作成するようにしましょう。

施設常駐警備員を目指す場合の職務経歴書の書き方は企業が求める人物像を把握して経験やスキルをアピールしよう

いかがでしたか。施設常駐警備員を目指す場合の、職務経歴書の書き方についてご紹介してきました。施設常駐警備員は、施設で犯罪や災害が発生した場合に役立つ人物である必要があります。職務経歴書の書き方としては、前職の具体的な経験やそこで得たスキルなどを記載することが大切です。そして、職務経歴書でアピールする場合は、施設常駐警備会社が求める人物像を把握しなければなりません。どのような人材を求めているのかを、職務経歴書に反映させた書き方をしましょう。そのためにも、複数の企業で同じ職務経歴書を使用せずに、オリジナルで作成することが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月20日転職