介護士とはどのような職種?仕事の魅力と向いている人

介護福祉士

介護士はどのような職種?

Cowboy 685768 1280

少子高齢化が叫ばれる昨今、介護士という職種の需要が増えているのが現実です。介護士として働くには、介護福祉士という国家資格を取得する必要があります。

まずは、介護士というのがどのような職種なのかを確認していきましょう。

身体介護・生活援助・相談や助言・社会活動支援といった仕事がメイン

介護士の仕事は大きく分けて4つの業務があります。

・身体介護 一般的なイメージ通り、食事、排泄、衣服の着脱、入浴、衛生管理などを行います。

・生活援助 洗濯、掃除、整理整頓、必要な買い物などの日常的な家事全般を援助します。

・相談 介護を受ける対象者だけではなく、その家族など介護者も含め、生活、身体、介護に関しての相談にのったり、助言をする仕事があります

・社会活動支援 家族や近隣の人たちとのよい対人関係が築けるように支援する役割

介護士の魅力は対象者の喜んでる姿を直に感じられる点!

介護士の魅力と言えば、やはり介護をした対象者が喜んでいる姿を直に感じられるという点でしょう。また、どのようなことをすれば喜んでもらえるか試行錯誤をして、人と人との関係を築いていけるというのも魅力でしょう。

反対に、こういった面を魅力と感じられないのならば介護士として働いていくのは難しいと思いますよ。

介護士として働く事で得られるスキルやキャリアアップの方法

では、介護士として働く事で得られるスキルにはどのようなものがあるでしょう?キャリアアップの方法なども気になりますよね?ここで紹介しますので参考にしてみてください。

介護士として働いていれば基礎体力やコミュニケーションスキルが自ずと向上する

介護士として働いていると、基礎体力やコミュニケーションスキルが自ずと向上すると言われています。

介護の仕事は、想像以上の重労働です。毎日のルーティンを行ううちに、自分の体力がつくのは疑いようのない事実でしょう。また、対象者やそのご家族が望むサービスを提供していくうちにコミュニケーションスキルも向上します。相手の臨むことは何か、何が最善か、など自分の中で考えながら働くというのはどの職場でも大切になってくるスキルなので役立つでしょう。

デスクワークへの移行というキャリアアップが可能な点は魅力的

ある程度の年齢を重ねると、現場の重労働くが辛くなる時期が来るでしょう。そんなときは、介護福祉士の資格だけではなく、他の資格も取得してスキルアップしておけば、デスクワークとしてのキャリアアップも可能です!

介護福祉士の国家資格を取得した後に目指すべき資格はケアマネージャーの資格でしょう。ケアマネージャーは、介護を必要としている対象者や家族から相談を受け、介護が必要どうかという調査を行います。また、介護サービスを提供するときの指示書となる、ケアプランの作成を行なったりします。

介護士に向いている人とはどんな人?

介護士の仕事内容などを見てきましたが、このような仕事に向いている人というのは、どういった条件を兼ね備えた人なのでしょうか?介護士を目指す方は、自分に当てはまるかどうか確認しておきましょう。

Face 774838 1280

人と接するのが好きというのは最低条件として必要

やはり、介護士というのは人間相手の仕事なので、人に接するのが好きな人が向いているといわれています。

ただ、人と接することがどんなに好きでも、実際に介護士として仕事をしていくと、対象者から怒られたり家族の方からも苦情を言われることもあるのです。

そういった点で、かなりストレスのたまる仕事と言っても過言ではありません。介護士の仕事をしていく上で、上手くストレスを発散できる人や、自分の気持ちをコントロールできる人などは介護福祉士に向いているでしょう。

その他の向いている条件は観察力や気配り力

・気が配れる人

・決め付けない人

・挨拶ができる人

・観察力がある人

・元気のある人

・人の話が聴ける人

・謝れる人

また、こういった要素は介護士として働くうえで大事になってくるでしょう。

介護福祉士は資格取得でデスクワークにも移行できるのが魅力!人と接するのが好きな人に向いてる職種

介護士になるには、資格が必要です。想像以上に、体力を使う仕事でもあるので、転職の際は覚悟が必要でしょう。

今回紹介した内容を参考に、転職を考えている方は検討してみてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月30日転職