言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの違い

コミュニケーション

言語的コミュニケーションは言葉の内容・非言語的コミュニケーションは内容以外の部分

Lecture 318123 640

コミュニケーションには、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの2種類があります。言語的コミュニケーションは、話す言葉の内容を指し、手話なども含まれます。対する非言語的コミュニケーションは、身振り・手振り・表情・声のトーンなど、実際の話の内容以外の部分で発する情報を指すものです。

非言語的コミュニケーションがインパクトは大きい

言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの違いが分かったところで、コミュニケーションにおいてどちらのウエイトが大きいかを見ていきましょう。ウエイトの大きさなら、非言語的コミュニケーションであると言ええます。コミュニケーション全体の6~9割程度の情報は非言語的コミュニケーションから来ていて、話す内容よりもどのように話すかがインパクトは大きいようです。

非言語的コミュニケーションは五感すべてに関係する

非言語的コミュニケーションは五感に関するすべてが含まれます。視覚的要素・聴覚的要素・嗅覚的要素・味覚的要素・身体的要素など、すべて相手の五感で感じられるものが含まれるのです。それに対して、言語的コミュニケーションは話の内容だけに限定されますので、情報量としては非言語コミュニケーションのほうが圧倒的に多いと言えます。

表情・声のトーン・話し方などで印象が決まる

ことわざの中に「目は口ほどにモノを言う」とありますが、コミュニケーションの種類の話にはまさにマトを得たものでしょう。言語的コミュニケーションの話の内容もさることながら、その内容を伝えているときの表情・声のトーン・話し方などが、その言葉の印象を決めるといっても過言ではなく、コミュニケーションの奥の深さを表す言葉とも言えます。

ジェスチャーも非言語的コミュニケーションに含まれる

言語的コミュニケーションは話の内容だけにとどまりますが、非言語的コミュニケーションは幅が広く、ボディランゲージやジェスチャーも含まれます。そのため、プレゼンなどで発表をする際にはジェスチャーも取り入れるがおすすめです。効果的に取り入れれば、話に説得力が増して相手に信頼感を与えられるでしょう。

ファッションなどの見た目も重要なポイント

非言語的コミュニケーションの中には、表情や声、話し方やジェスチャーばかりでなくファッションまで含まれるものです。きっちりとした服装の人と、そうでない人を見比べてみるとよくわかるもので、だらしない服装の人よりも仕事ができそうに見えます。それは、見た目のすべてがコミュニケーションに含まれる証拠で、大事なときには服装にも配慮するのがおすすめです。

話の内容を指す言語的コミュニケーションとは違い非言語的コミュニケーションはジェスチャーや話し方など五感で伝える

言語的コミュニケーションは話の内容や手話などであるのに対し、非言語的コミュニケーションは表情、声のトーン、話し方、ジェスチャー、香り、ファッションまで含まれます。人が受け取る情報の6~9割は非言語的コミュニケーションからと言われており、初対面やプレゼンなど、大事な時にはその準備も怠らないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月31日転職