やりがいがポイント!施工管理職の魅力とは?

施工管理職

施工管理職として働く事の魅力

6276fda4f3a083a5

施工管理職が扱う仕事には、土木・建築・電気工事・管工事などがあります。作業を進める工程を管理したり、作業を行う際の安全や品質の管理を行ういわば監督として全体の指揮をとるような仕事です。

施工管理職として働くことの魅力は、仕事の成果を求められるので、実力が発揮する場面が多くやりがいを感じられるところでしょう。一言で施工管理といっても、上にあげたような多くの種類の仕事があり、その規模も小さい物から大きいものまで様々です。大きな仕事になるともちろん責任も大きくなりますが、作業を一から携わることができる施工管理の仕事は、仕事が終わると達成感も得られることでしょう。

施工管理の資格としては国家資格である「施工管理技士」があります。

施工管理職として働く事で得られるスキル

3d0947356beabce6

施工管理職として働くなかで、専門的な知識は着実に身に付いていきます。「施工管理技士」の国家資格に挑戦することでさらなるスキルアップが図れるでしょう。

その他に施工管理職として働く事で得られるスキルには、クライアントのニーズを見極めて要望を満たすサービス等コミュニケーションスキルがあるでしょう。幅広い分野の仕事がある施工管理の仕事ですから、多くの人と関わることになります。そして、それぞれの要望に合った施工を実現させるのがこの仕事の役目なのです。そのためには、やはりクライアントとの信頼関係も必要になりますので、いかにいい関係を築いていけるかも施工管理職として働く際に大事になってくるポイントだといえるでしょう。

施工管理職に向いている人

Bcb195779bd8c0c5

先ほども挙げたように、施工管理の仕事にコミュニケーション能力は欠かせません。若い人から長年働き続けた職人レベルの人を相手に仕事をする機会も少なくないので、どんな状況下に置かれてもうまく対応できるとよいでしょう。注意すべき点は、自分の意見を押し付けすぎないことです。腑に落ちないことがあっても感情を表に出さず大人な対応を心がけましょう。このコミュニケーション能力は、交渉する際にも役立つこと間違いなしです。

施工管理職に向いている人としては、現場を引っ張る際に必要なリーダーシップがあるとよいでしょう。リーダーシップが発揮できれば、仕事の効率もぐんと上がります。

他には、自ら行動できる気の利く人やスケジュール管理が上手な人には向いているといえるのではないでしょうか。

施工管理職に向いてる人は転職を

9ec30bc42804bc70

施工管理職に向いてる人に当てはまり、興味がある人は転職を考えてみてはいかがでしょうか?求人数は多いとはいえませんので、転職エージェントに相談するのがベストです。転職エージェントは、求職者からヒアリングした情報をもとに最適な企業を紹介し、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれます。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、ハイレベルなサポートを安心して受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

施工管理職は、幅広い分野・年代層の方たちと接する機会が多い仕事です。いい物を作るには、クライアントの要望を吸い上げられるコミュニケーション能力が欠かせません。一連の作業の工程を作成したり、安全や品質を管理する仕事ですから、責任も大きいですが完成した時の達成感は素敵なものでしょう。施工管理職の魅力は、活躍している実感が得られやりがいを見いだせるところにあるのかもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職