調剤薬局事務の仕事内容と独学による資格取得方法|気になるメリットと難しさ

2017年1月16日調剤薬局事務, 資格

調剤薬局事務の主な業務はレセプト作成

Notebook 1841548 1280

調剤薬局事務は、レセプト作成を主な業務としています。レセプトとは、患者が保険を知起用した診療をおこなった際に、医療機関が保険者に請求する明細書のことです。また、その他にもレジ打ちをする場合もあれば、一般事務と同じように伝票の整理や経費の計算などをおこなうこともあるでしょう。調剤薬局事務として勤めるためには資格が必要です。

接客業が好きな人や主婦などにオススメ

調剤薬局事務は患者と会話をしますので、人と関わる仕事がしたい方にオススメです。患者の役に立てる喜びを感じることができますので、やりがいは非常に大きいでしょう。また、

フルタイムで働けないという人にもオススメです。勤務地にもよりますが、調剤薬局事務はパート社員がやっている場合もあり、午前中のみ出勤などの勤務体系を採用しているところもあるようです。結婚したり主婦になったりで、時間の都合が合わせにくい方には融通が利く職業だといえるでしょう。

調剤薬局事務の資格は独学で取得できるが簡単ではない

調剤薬局事務の資格の取得方法ですが、独学でも可能です。ただし、調剤薬局事務は事務といえども、レセプトなどは専門分野になりますのでそう簡単に理解できるものではありません。調剤薬局事務のテキストの数も少なく、中々効率の良い独学はできないでしょう。それでも、限られたテキストをしっかりと繰り返し勉強すれば合格の可能性は高まりますので、焦らず時間をかけて取り組みましょう。

通信教育講座を利用した資格取得もオススメ

また、独学以外にも通信教育講座もあります。より安定して、確実性を確保したいのであれば、通信教育講座がオススメです。質疑応答や添削を専門の先生がしてくれるので、安心です。初めは独学で学習していたが、内容が難しくなるにつれて自分1人では無理だと思って、独学しながら通信教育講座を受ける人もいるようです。

薬局の数が多いので調剤薬局事務員が求められている

調剤薬局事務になると、どんなメリットがあるのでしょうか。まずは、薬局は全国各地にありますので、勤務地に困らないことです。厚生労働省によると、2014年度の薬局数は約57,000ヶ所となっています。単純に割ると、1都道府県当たり1,212ヶ所ある計算になります。これだけ多いと、全国どこに転勤や引っ越しをしても、調剤薬局事務の仕事探しには困らないでしょう。年々薬局の数は増加傾向にあるので、将来的にも職に困ることは少ないといえます。

調剤薬局事務はある程度年齢を重ねても働き続けられる

また、調剤薬局事務は実務経験が優遇される職種でもあるので、ある程度年齢を重ねていても採用される・働き続けられるというメリットがあります。世間一般的には、採用担当者は若い人を求めがちですが、事務の仕事は正確性などが重視されますので、経験がある方が有利に働く場合があるでしょう。さらに、日本は少子高齢化が進んでいる国ですので、これからも調剤薬局事務の求人数は増えていくとみられています。

調剤薬局事務は主にレセプト作成を業務としており簡単ではないが資格は独学でも取得できる

ここまで、調剤薬局事務の仕事紹介と資格取得方法などについてみてきましたが、いかがでしたか。調剤薬局事務の主な仕事はレセプト作成です。調剤薬局の受付に座って患者と会話をしますので、人と話すことが好きな方にオススメな仕事になります。調剤薬局事務のメリットとして、全国に薬局の数が多く、これからも増加するとみられていますので、全国規模でも求人に困ることは少ないでしょう。簡単な資格ではありませんが、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK