二級ボイラー技士の資格が役立つ就職先

2017年1月16日二級ボイラー技士

二級ボイラー技士とは?

C

ボイラーには、伝熱面積が3.5㎡以下で内径25mm以上の蒸気管がつけられた小型のものや、銅の内径が750mm以下で長さが1300mm以下の小規模蒸気ボイラーなどがあります。これらの小型ボイラーや小規模ボイラーには条件があり、そこに当てはまらないボイラーが「大型」として扱われるのです。そんな大型ボイラーを扱うためには、ボイラー技士の資格を取得しなければいけません。そして、その種類として特級・一級・二級があるのです。本ページでは、その中でも比較的取得しやすい二級ボイラー技士の就職先を見ていきましょう。

二級ボイラー技士取得後の就職先

二級ボイラー技士が役立つ就職先には、どのような場所が挙げられるでしょうか。

名前の通り、ボイラー技士はボイラーを取り扱うための資格になります。ですので、必然的にボイラーが設置されている場所が、就職先となりやすいです。特にビルやホテルなどは設置しているボイラーの数が多いので、資格保持者が雇われる場所といえるでしょう。二級ボイラー技士の就職先としては、以下のものが挙げられます。

・ビル管理会社

・ホテル

・学校

・工場

・温泉などの銭湯施設

・デパート

・病院

定年後の再就職にも便利なのが二級ボイラー技士の資格

二級ボイラー技士の資格を取得していれば、定年退職後の再就職にも活かすことができます。ボイラー技士が行う仕事は、体への負担があまり多くありません。もちろん危険が伴う仕事ではありますが、その作業自体は多少高齢になってもできるものなのです。そのため、定年後の再就職を目指して取得する方も少なくはないのが、二級ボイラー技士の資格といえるでしょう。

二級ボイラー技士の就職先としてはホテルや学校が挙げられる

以上、二級ボイラー技士の就職先についてご紹介しました。大型ボイラーを扱うための資格として、二級ボイラー技士があります。その就職先としてはボイラーが設置されている場所が主で、具体的にはホテルや学校などが挙げられるでしょう。危険は伴いますが重労働ではないため、定年後の再就職にも活かせる資格です。ぜひ本ページを参考に、ボイラー技士としての就職を考えてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK