不動産会社でトップセールスを目指すためのポイント

不動産

不動産業界でトップセールスマンになれば高い収入が得られる

Groom 1536233 1280

不動産業界に限らず、どんな商品やサービスを扱うにしても、営業をかけるのはけして簡単ではありません。特に不動産業界では単価が大きいため、高度な技術が必要となるでしょう。その中でもトップセールスを行う人がいます。不動産会社でトップセールスを行えば、良い収入が期待できるでしょう。トップセールスマンになるには、どんなポイントがあるのでしょうか。

歩合の率が良い会社で働くのがおすすめ

同じ不動産業界でも、会社によって歩合率が大きく上下します。例えば会社の中でその年にトップセールスになれば、、月収数百万円以上を稼ぐ人もいますし、歩合率が低いところであればいかにトップを独走していても月収100万円くらいしか稼げない場合もあるでしょう。しかし、不動産会社でトップセールスマンになれば高い収入が期待できます。会社を選ぶ際は、歩合率がいいところを選びましょう。

トップセールスマンを目指すなら商品に自信を持つ

不動産会社のトップセールスを目指すなら、まず自分が紹介する商品に絶対的な自信を持ちましょう。どんな物件を担当するにしても、あなたはその物件の良さに注目し、お客さんに優れている点を全面的にアピールしてください。トップセールスは商品やサービスの良さを十分に理解し、顧客の購買意欲を掻き立てるのです。

デメリットを伝えた後にメリットを提示するのがポイント

どんな物件にしても、必ずメリット・デメリットがあります。あなたが不動産会社でトップセールスとして行動するなら、どうやってメリット・デメリットをお客さんに伝えていくのかを考えなければいけません。伝え方としては、先にデメリットを伝えてからメリットを伝えるのがポイントです。最終的に耳に残るのは最後に聞いた情報なので、この順番を間違えると売れるものも売れなくなります。トップセールスを目指すために意識してみましょう。

トップセールスマンは購入後の生活を想像させるのが大事

不動産業界に問いませんが、お客さんに商品やサービスの良さを伝えるためには、「お客さんに購入後の生活や人生を想像させる」必要があります。トップセールマン以外がやってしまいがちなのは、その物件の仕様や構成が優れていることだけを伝えることです。もちろん必要な情報ですが、本当に大事なのはその物件に決めてお客さんがどんな日常を得られるのかだと言えるでしょう。不動産会社のトップセールスは、住んだ時の状況を想像させるような営業を仕掛けます。

お客さんのヒアリングを忘れずに行う

一方的にセールスマンから物件のアピールをするのではなく、アピールする前にはお客さんがどんな物件を求めていているのかをしっかりヒアリングしましょう。お客さんによって求める条件は異なりますので、不動産業界でトップセールスとして活躍したいのならスピーディーに要望に適した物件をおすすめできるように勉強しておくのも大事です。トップセールスのポイントを知って、不動産会社で成績を残しましょう。

不動産会社でトップセールスになるにはお客に購入後の生活を想像させるのが大事

不動産会社でトップセールスを目指すなら、商品に自信を持ち、お客に購入後の生活や人生を想像させる営業を行いましょう。不動産の購入は、人生でも大きな買い物です。トップセールスマンを目指すなら、その決断をしっかりサポートできるように日頃から勉強したり、ヒアリングをしたりしましょう。また、メリットだけでなく、しっかりデメリットを伝えるのも大事です。ポイントをつかんで、トップセールスを目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス