営業マンにとって簿記の必要性と役立つ理由

営業職, 簿記

営業に簿記が必要な訳とは

Calculator 385506 640

それではまず、営業にとっての簿記の必要性から見ておきましょう。実は簿記というのは営業活動と深い結びつきがあり、営業が簿記の知識を有していれば、色々なところで仕事が捗るようになるのです。

経費と数字の管理という営業に必須のスキルが得られる

「経費」と「数字の管理」は営業マンが常に意識しておかなければなりません。例えば、営業マンが自社の商品を販売する際、その商品の価格や必要経費について完璧に理解しなくてはなりません。営業にその知識がなければ、一番の仕事である対外交渉を行うのはとても難しくなってしまいます。その点で、営業には簿記が必要なのです。

日々のお金の動きを掴めて達成目標が容易になる

営業に僕が必要な理由はもう1つあります。営業が行う商取引自体が、そもそも簿記の知識と深く関係しているのです。相手にどれぐらいお金を支払ったのか、支払代金を手形で支払ったのか現金なのか。そういった日々のお金の動きが、簿記の知識によって把握できるようになります。営業にとってはお金の動きと数値管理や目標を追う意識は必要です。

いわば簿記は、営業の活動にとって必要不可欠な能力とも考えられるのです。

営業が簿記の資格を取得しておけば役立つ理由

Contract 408216 640

それでは次に、営業が簿記の資格を有していることでどれだけ仕事に役立つか見ておきましょう。IT技術の進化により、会社の中でも営業・経理・総務・生産管理など各業務分野で「垣根を超えた物事の考え方」が要求される場面が増えてきています。そんな中で簿記の知識は、大いに役立つスキルなのです。

役立つ理由①効率良く営業活動ができる

営業に簿記があれば、自社製品を売り込む際に、決算書や会社の状況を確認して効率よくアプローチできる利点があります。闇雲に企業をまわるよりは、現在の会社の状況を確認してから営業を行った方が、ニーズに合わせた提案ができるようになります。結果的に、顧客獲得の可能性がグッと高まり、効率の良い仕事ができるようになるのです。

役立つ理由②財務状況に合わせた的確なアドバイスができる

簿記は金融や経理だけに留まらず、非常に多様性があるスキルです。この資格があるだけで企業の基本的財務状況が把握でき、そして分析へとつなげられるのです。そして簿記は、確かな理論に基づいた的確なアドバイスの礎となり、顧客から信頼を得るうえで有効な手段となるのです。

数値管理が楽になる簿記は営業に必要! 効率のいい仕事にも繋がる

今回は、営業マンにとって簿記の必要性と役立つ理由について見てきました。必要性の部分で触れたように、簿記の知識とスキルは数値管理の意識が大切な営業にとって、非常に有用性と必要性が高いものといえます。そして、簿記があることで営業は企業に効率のいいアプローチができるようになる他、その会社の状況に合わせたアドバイスまで行えるので、深い信頼関係を築いていくのが可能なのです。自分の仕事の幅を広げたいと考えている営業の人は、この機会に簿記の資格を取得するのをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス