自己紹介で笑いを取るテクニックと簡単な例文【営業必見】

自己紹介

営業に「笑い」が必要なワケ

150711209691 tp v1

営業をする側として、心掛けたいのは、どれだけ自社の商品やサービスを売り込みやすい雰囲気を作れるかということ。実は、そのためには「笑い」が必要不可欠なのです。営業の場面で、笑いを取ることによるメリットを詳しくお伝えします。

笑いを取ると「相手の壁を崩して本音を引き出せる」

営業というビジネスシーンに限らず、初対面の人との自己紹介においては、笑いを含む明るい第一印象を相手に残すことが重要でしょう。なぜなら、笑える挨拶は相手の緊張感を解きほぐし、話しやすい雰囲気を作りやすいからです。

初対面の営業の場面では、相手と自分との間に壁ができていますが、笑いを含めた自己紹介をすることにより、その壁が取り払われ、本音を引き出せるのです。

笑いを取る事で和やかな空気を作り、相手のニーズをうまく掴むことができれば、営業も成功しやすいと言えますよね。

初対面の自己紹介で笑いを取るテクニックとは?

営業における自己紹介で笑いを取るためには、ただ元気よく話すだけでは物足りません。何かしらのエピソードを交えるテクニックが必要となります。

では、どんな営業職の人でも使いやすい笑える自己紹介とは?くすっと笑いを取るテクニックを見ていきましょう。

Https   www.pakutaso.com assets c 2015 05 mkj ryoutedemeishiwowatasu thumb 1000xauto 13656

笑える自己紹介例①:軽い自虐ネタで笑いを取る

自虐ネタをとり入れた自己紹介は、印象が良く愛嬌があり、笑いをとりやすいテクニックです。たとえば、こんな自己紹介はいかがでしょうか。

【例文】

体型のせいでよく「ボールペンか!」と言われる○○です。

【例文】

向井○と同じ●●歳の○○です。

見た目に貫録があったり、老け顔の人の場合、若々しく見える同年齢の有名人の名前を出すと、ギャップにより笑ってもらえます。ただし、暗い雰囲気で自虐ネタを言っても笑えるわけはありません。笑いを取るには、雰囲気も大事ですのでお忘れなく。

笑える自己紹介例②:印象的に名前を伝えて笑いを取る

自己紹介では、笑いを取り雰囲気を良くするだけではなく、自分の名前を覚えてもらう必要もあります。そんなとき、どちらの願いも叶えられる一石二鳥の自己紹介が、名前を印象的に伝えるテクニック。例えば、笑える自己紹介のために、次のような伝え方なら取り入れやすいでしょう。

■名前が珍しい場合、よく間違えられる読み方を一緒に伝える

■おもしろいニックネームを併せて伝える

笑いとともに名前も相手の印象に残せるというのは、営業する側としては非常にメリットになります。ぜひ取り入れてみてください。

営業の自己紹介で笑いを取るには「軽い自虐ネタ」や「名前の伝え方」を工夫しよう

営業マンが、初対面の自己紹介で笑いを取るテクニックと簡単な例文についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

営業は、ただ元気がいいだけではなく、笑いを取るテクニックも持ち合わせておけば、より営業成績が上がる可能性がグンと上がります。特に、自己紹介では「笑い」を取ることを強く意識して臨みましょう。

芸人でもないのに笑いをとるなんて…とハードルが高いように思えますが、今回ご紹介したように、ちょっとしたコツで笑える自己紹介は出来るのです。営業職の皆さんは、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス