「私の特徴」を文章で表す際の自己紹介の書き方と例文

自己紹介

「私の特徴」を伝える自己紹介はどのように行うべき?

Contract 408216 1280

「私の特徴」を相手に伝えるには、現在の状況を紹介する方法が最も自分を伝えやすく、また相手にとっても気になる部分であります。現在の状況と言えば、職業・年齢・住所などのプロフィールです。この部分が分かれば、お互いに安心できるでしょう。

例えば、男性会社員Aさんの場合は「○○市在住のAといいます。商社に勤めており営業の仕事をしております。現在○○歳です。よろしくお願いします」と言った感じですね。

職種がばれたくない場合は、会社員だけでも良いでしょう。

現在の状況は「私の特徴」の軸になる情報

自己紹介などで自分を伝えたい場合は、現在の状況は基本の情報として必ず伝えたい内容です。

名前以外に、住んでいる場所や職業などが分かればお互いに少し壁が無くなり、会話のきっかけも掴めます。年齢は見た目で判断できるので、さほど重要でないかもしれませんね。

面接などを除き一般的な自己紹介の場面では、どこまで紹介するかは自由です。自分をオープンに開示すれば、相手もオープンになりやすいと言えるでしょう。

自分の趣向から「私の特徴」を伝える自己紹介の例

履歴書やエントリーシートの自己紹介では、自分の趣向を伝えるのもひとつの書き方と言えます。趣向と言えば趣味・特技などです。趣味に関連した集まりなどでは、ぜひ伝えたい部分でしょう。

履歴書やエントリーシートで趣味や特技を伝える書き方をすれば、その人の興味のある分野を知る事になり、より深くその人を理解できます。例えば登山が趣味で特技はパソコンであれば、「趣味は登山です。学生時代は登山部でした。今も年に2回は仲間と登ります。特技はパソコンで自分のホームページを持っています」といった書き方で紹介します。これだけの情報で、アクティブで積極的な一面が充分に伝わりますよね。

趣味・特技は意外な私の特徴を紹介できる

履歴書やエントリーシートで趣味や特技を伝える書き方をする事で、見た目やプロフィールとは全く違った意外な自分の側面を伝えることができます。例えば、物静かに見える人でもアクティブな趣味を持っている人であれば、その人の別の側面をアピールする事ができるでしょう。

また趣味や特技がある人は、自己紹介でそれを伝える書き方にする事で同じ趣味の人と話が弾んだり、意外なご縁ができる事もあります。簡単な内容で構いませんので、紹介すると効果がありますよ。

いいアピール法が考えつかない場合はエージェントを頼ってみよう

「私の特徴」をアピールする方法が思い浮かばず、履歴書作成で躓いている人は多いです。そんな時は、転職エージェントを頼ってみるのがいいかもしれません。

「リクルートエージェント」は、質問を通してあなたの特徴をしっかり見抜き、魅力的にアピールする方法をアドバイスしてくれますよ!困っていることがあれば、気軽に相談してみてください。

エントリーシート(ES)や履歴書では「私の特徴」で長所と短所を伝える場合もある

最後は自分の性格を、自己紹介の内容として伝える書き方についてです。面接やエントリーシートなどでは、必ず長所・短所などを聞かれますが、一般的な自己紹介の書き方では性格まで伝える事は少ないかもしれません。

しかし何かのプロジェクトに参加したり、一緒に作業するような場面では、自己紹介で伝えたい内容です。

Entrepreneur 593371 1280

エントリーシート(ES)で「私の特徴」を伝える書き方の例文を紹介!

例文1

「私は完璧主義な部分があると思います。私は本屋でアルバイトをしていたのですが、POPを作成する際にもお客様の目線、マーケティング等を考えて作っていました。しかし、質にこだわるあまり、完成までに膨大な時間がかかってしまいます。これが私の短所です。ですので、いつまでにその仕事を終える必要があるのか、逆算しながらスケジュール調整をしたいと思います。」

例文2

「私の特徴は、人を楽しませるのが好きな点です。大学時代、サークルでサプライズを企画したことがあり、誕生日の友人たちを様々な形で楽しませようとしてきました。しかし、そのようなことを迷惑だと考える人もいるので、相手のことを考えて行動したいです。」

例文3

「私の特徴はフットワークが軽い点だと思います。好きなラーメンを食べたいというだけで、わざわざ北海道までいったこともあります。しかし、後先考えずに行動してしまうので、失敗することも多々ありました。ですので、フットワークの軽さは保ちつつ、頭の回転は止めずにいることを目標にしています。」

どの例文も、自分の長所だけでなく改善したい短所の部分まで記していますよね?履歴書やエントリーシートでは、こういった内容が必須です。

履歴書やエントリーシートだけでなく、通常の自己紹介の際にも良い面だけでなく「自分の直したい面まで語ることで」信頼関係につながる可能性もあります。

例文の書き方参考に「私の特徴」を伝える際は現在の状況・趣味・長所や短所を盛り込もう

自己紹介で「私の特徴」を上手く伝えるには、例文を参考に現在の状況、趣味や特技、性格と言った自分の3つの側面から伝えるとスムーズに伝えられるでしょう。

例文を参考に、エントリーシートや履歴書、自己紹介など、状況に合わせて組み合わせて多面的に私の特徴を伝えましょう。上記の自己紹介の例文は、一般的な場合として簡単に済ませてありますが、面接の場合はより詳しく趣味や特技、長所や短所を伝える必要がありますから、しっかり準備しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日ビジネス