職場にコーヒーメーカーを置く前に知っておきたい利点と欠点

2016年11月29日コーヒー

職場にコーヒーメーカーを置くと外までコーヒーを飲みに行く必要がない

Coffee 563797 1280

職場にコーヒーメーカーを設置するメリットとデメリットについて紹介をします。コーヒーメーカーがあると、職場の外までコーヒーを飲みに行く必要がありません。また、自動販売機を設置するのに比べて少ないスペースしか必要ありませんし、電気代も自動販売機に比べてかからないでしょう。

コーヒーメーカーの水の用意や掃除などのデメリットもある

職場にコーヒーメーカーを設置するのはメリットも多いですが、注意点についても知っておきましょう。コーヒーメーカーは基本的にコーヒーしか飲むことができません。自販機はコインを入れてボタンを押すだけですが、コーヒーメーカーの場合は水やコーヒーの補充、さらに掃除をしたりとある程度のメンテナンスを職場の人がする必要があります。

ブリュワー型のコーヒーメーカーはまとめてコーヒーが作れる

職場に置くコーヒーメーカーにはいくつか種類があります。大きく分けてブリュワー型と一杯抽出型です。ブリュワー型とは、一度に数杯分のコーヒーをまとめて入れることができるでしょう。飲む人はそれぞれ欲しい量を自分のカップに注ぎます。作業は少ないですが、職場で飲む人が少ないと煮詰まってしまうのが難点です。味も選べません。

一杯抽出型のコーヒーメーカーは淹れたてが味わえる

職場に置くコーヒーメーカーで主流なのが、一杯抽出型です。ブリュワー型と違って、常に淹れたてのコーヒーを楽しめるというメリットがあります。また、飲めるコーヒーの種類が豊富であるのも魅力的でしょう。コーヒーだけでなく、紅茶やココア、中国茶、緑茶などを飲めるものもあります。飲みたい人が飲みたいときに飲めて便利です。

職場でコーヒーを飲むと眠気が取れ集中力がアップする

職場にコーヒーメーカーを置くことで、仕事の効率アップが期待できるでしょう。コーヒーのカフェインの香りは脳を活性化させ、眠気をとり、集中力をアップさせます。また、コーヒーを気軽に飲むと、リラックスやリフレッシュにも有効です。外に出るのではなく、職場でコーヒータイムを楽しめば、コミュニケーションの機会が増える点にも期待できるでしょう。

飲みすぎると貧血などを招く可能性がある

職場にコーヒーメーカーを置いて、ついついコーヒーを飲み過ぎてしまう点には注意をしなければなりません。コーヒーは適量ならば仕事効率や職場の雰囲気に良い影響を与えますが、飲み過ぎるとトイレが近くなったり、胃が荒れやすくなり、貧血を招く場合があります。また口臭の原因にもなるので適量を心がけましょう。

職場にコーヒーメーカーがあると外にコーヒーを買いに行く必要がなくなるが飲み過ぎると貧血などを招く場合ある

職場にコーヒーメーカーがあるととても便利です。自動販売機と比べると圧倒的に種類では負けますが、美味しいコーヒーを職場にいながらいつでも飲めるというのは素晴らしいです。一杯抽出型やブリュワー型など職場に合ったものを選ぶとよいでしょう。コーヒーは仕事の能率を上げる一方で、飲み過ぎには注意をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK