コンサルタントに向く人、向かない人、向く学部、向かない学部。分かれるポイントは?

コンサルタント

コンサルタントには理系が多い

コンサルタントと一口でいっても、実際は多くの種類のコンサルタントが存在します。例えば、経営コンサルタントやITコンサルタント、人事コンサルタントや財務コンサルタントがあります。一般的にも多くの方に知られていることだと思いますが、やはりこれらのコンサルタントという職業には理系学部の人が多く存在しているのです。

なぜ理系学部が多いのはなぜか

コンサルタントの業務とは、依頼主である企業などの問題点を洗い出し、調査や分析をしたうえで原因究明を行いその問題点を解決に導く仕事です。理系学部の人がコンサルタントに向いていると言われるのは、理系分野の研究などによって問題解決に向かうための論理的思考力が養われている・ITに対して親和性が高い点があげられ、コンサルタントに向いているとされているのです。

文系はコンサルタントになれないのか

コンサルタントを募集している企業のほとんどは、学部は不問として求人を題しています。文系だからコンサルタントになれないということはなく、実際文系出身のコンサルタントも多く存在しているのです。理系文系という括りに囚われず、コンサルタントに必要なものを理解して、スキルアップしていくことが大切でしょう。

まとめ

コンサルタントになるために、学部は関係ないということが分かりました。コンサルタントには理系学部が有利と思われているのは、研究によって養われた論理的思考力や、ITに対しての親和性が高いためのようです。しかし、文系出身のコンサルタントもいます。コンサルタントとして働くためには、どんなスキルや技術が必要かしっかり把握しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日転職