経営コンサルタントの仕事内容と激務と言われる1日の流れ

経営コンサルタント

経営コンサルタントの仕事内容とは?

New york city 336475 640

激務と言われる経営コンサルタントの仕事内容は、どのようなものなのでしょうか。簡単に言うとコンサルティングという形のないサービスを営業し仕事を受注するということです。

経営上の課題を解決や助言をする

激務といわれる経営コンサルタントの仕事内容は、企業の経営上の課題を明らかにし、解決する助言をします。課題解決したコンサルティング行為に対して報酬を受けます。

特徴はプロジェクトごとにチームを組む

経営コンサルタントは、クライアントの依頼内容に対して、期間と予算を決めてコンサルティングを行います。その問題解決に適切な経験を持ったコンサルタントでチームを組みプロジェクトに当たります。

激務と言われる経営コンサルタントの一日のスケジュール

激務と言われるコンサルタントのスケジュールを見ていきます。普段の時のコンサルタントのスケジュールと、繁忙期の時のスケジュールを比べます。閑散期が3ヶ月に数日ありますが、実質はほとんどないといっていいほど激務です。

普段は朝10時ぐらいから働き始め終電で帰る

プロジェクトにもよりますが、3ヶ月に2ヶ月程度が普段の仕事内容で普通のスケジュールで働くそうです。閑散期の一日はコンサルタントは少し朝ゆっくりの10時ぐらいから働き始め終電で帰るのが基本のスケジュールです。

繁忙期は会社で寝泊まりが当たり前

繁忙期の経営コンサルタントは激務で、毎日夜中の3時にタクシー帰り、朝まで仕事をして帰宅し風呂だけ入って会社にとんぼ返り、会社で寝泊まりといったスケジュールをこなすコンサルタントも経営コンサルタントもいます。若手のコンサルタントだと当たり前にこの激務な一日のスケジュールをこなしています。

経営コンサルタントは激務でも遊んでいる?

Lgf01a201405111200

激務な仕事内容をこなす経営コンサルタントは、寝る間もないスケジュールで働いているとわかりました。しかし、経営コンサルタントは働くこと以外をやっていないというわけではありません。

経営コンサルタントは仕事の中抜けがしやすい

経営コンサルタントの仕事内容は激務で、深夜まで働くのが基本スケジュールです。そのため、そっと会社を抜け出して2時間ほど、飲み会や合コンに参加するコンサルタントがけっこういるそうです。深夜1時に仕事が終わるのも、3時に終わるのも大差ないからでしょう。

遅い時間からでもアクティブに遊びにいく

激務で仕事内容が朝まで働いても、なかなか終わらないスケジュールが基本です。そのため、深夜12時に退社後から遊びに行っても、翌日も問題なく働けるようです。経営コンサルタントは息抜きも上手くないと務まらないかもしれません。

激務といわれる経営コンサルタントの一日は朝10時ぐらいから働き始め終電で帰る

経営コンサルタントの仕事内容と、一日のスケジュールについて見てきました。経営コンサルタントの仕事内容はクライアントの問題解決であり、プロジェクトごとにコンサルタントチームが招集・解散します。

スケジュールは普段であっても激務で、終電でしか帰れないようです。繁忙期になると、会社に寝泊まりしてでも仕事を仕上げないといけないようです。激務でもコンサルタントをしてみたいと思った方は一度詳しく調べてみればいかがでしょうか。

▼コンサルタントにおすすめの転職サイトはコチラ

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年1月31日転職