職場の明るい雰囲気作りのコツ

職場環境

明るい雰囲気作りのコツ①ポジティブな言い回しへ変換

A1a45a5a8687f887e1ee48f56da4af8a s

明るい雰囲気作りのコツとして、まず元気が出る話し方をする人はやはりポジティブな考え方をしています。

たとえどんな嫌なことがあっても、気持ちを切り替えて、職場でポジティブな内容を口にすることで、明るい雰囲気作りができます。

他人に良い印象を与えるだけでなく、自分のストレスも軽減!

明るい雰囲気というのは、職場においても、他人に与える印象を良くするだけではなく、自分のストレス軽減にも役に立ちます。職場にいる「口うるさい先輩」は「スタンダードが高い人」、「無愛想な課長」は「寡黙で思慮深い」かもしれません。

また、「転んでしまったけど、かすり傷ですんでラッキー」とか「雨だから外回りは控えて、溜まっていた書類を片付けられる」なども良いです。

口から出る言葉だけではなく、考えていることもポジティブな言い回しに変換することで、職場が明るい雰囲気になっていきます。ただし、本当につらい時は、ポジティブワードが思い浮かぶまで、とことん落ち込むことも必要です。

明るい雰囲気作りのコツ②前向きな意見で会話を締める

明るい雰囲気作りのため、職場でポジティブに話そうと明るい雰囲気作りを心がけても、どうしても否定しなければならない時もあります。

そういった時には、どのように雰囲気作りをすればいいのでしょうか?

肯定フレーズを付け加えるだけで印象が全く違う!

例えば、職場で上司に「英語は話せますか」と尋ねられたとします。もちろん、英語を話せれば幅広い仕事ができますし、上司もその可能性があるという前提で確認しているわけです。

しかしあなたは英語は苦手で、とても話せるというレベルではありません。

そこで、「残念ながら話せないです」と答えたとしましょう。その先は何もないでしょう。しかし、「得意とは言えないですが、もし仕事で必要ならば、英会話教室に行ってでも勉強したいと思います」と肯定のフレーズを付け加えれば、職場での印象はまったく違うものになります。

明るい雰囲気作りのコツ③笑顔と声のトーンで好印象

職場で話す際に、同じ「いいよ」という言葉でも、その人が笑顔だったときと無愛想だったときや、声がはずんでいたときとぼそぼそ話していたときとでは、相手に与える雰囲気はまるっきり反対になります。

「いいよ」は肯定とも否定ともとれる便利な言葉です。だからこそ、肯定する場合は、職場などで誤解を招かないよう、笑顔と声のトーンなどの雰囲気作りには気をつけましょう。

表情と声のトーンはコミュニケーションにおいて重要

001

笑顔と声のトーンという2つの要素は、職場などでも、言語コミュニケーションにおいて大事な役割を担います。

理解できないはずの外国語でも、話し手の表情と声のトーンで、良い話か悪い話しか、喜んでいるのか、怒っているのかくらいは理解できます。

職場で話している内容がポジティブでも、これらが伴わないために、良い印象を持たれないことがあります。職場での自分の表情と声のトーンを、今一度チェックしてみることをおすすめします。

職場の明るい雰囲気作りのコツはポジティブな言葉・表情・声のトーン

職場でも、話し方ひとつで雰囲気作りは変わるものです。

職場で自分の話し方や頻繁に使う言葉を、客観的に分析してはいかがですか。

職場で話し方がポジティブになれば、自然と周囲の人も元気になるはずです。職場で同僚や上司が前向きで元気になることで、仕事の生産性が上がることは言うまでもありません。話し方の心がけひとつで職場に大きく貢献でき、明るい雰囲気作りもできます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス