出る杭は打たれるは本当なのか~日本の会社にありがちな実態と対策~

職場環境

今でも「出る杭は打たれる」職場がある

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068 s

出る杭が打たれる職場は残念ながら存在します。

上司に取り入ることが最重要という職場もしばし見受けられるようです。やる気があることは決して悪いことではありませんが、それのせいで潰されてしまう可能性があることを頭の片隅に留めておきましょう。

リーダーシップの発揮で後ろ指をさされることがある

日本では目立とうとすると、それを潰そうと動くタイプの人がいます。

リーダーシップを発揮しようものなら、「調子のってる」と思われてしまうこともあるでしょう。そして、陰では後ろ指をさされることも・・・。自己主張が強い人は、あまり良い印象を持たれないのが現実です。それでも、リーダーシップを発揮したり、やる気を見せたりするのは決して悪いことではありません。では、どのようにそういった人たちをかわしたらいいのでしょうか?

たとえ出る杭になっても打たれないようにするためには?

Ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964 s

出る杭になっても「打たせない杭」になるためのテクニックをお教えします。難しいことではないので、ぜひ意識してみてください。

相手の意見を肯定してから自分の意見を発言しよう

あなたが「出る杭」になってしまった場合、孤立するのは得策ではありません。周囲から一目置かれるようになるのが大事です。

そのためには、自分の言いたいことを全部言わず、反論の余地を少し残しておいて相手にも発言をさせてあげるようにしてみましょう。そして、その反論を肯定した上で、自分の反論を加えるのが大切。その方が説得力が増しますし、自分の意見だけを押し付けている感がなくなります。

場面を選んで自己主張しよう

普段から自己主張が強すぎると、どうしても発言の内容が薄いと思われがちになります。さらに悪目立ちもしてしまうことでしょう。

そこで、毎回自己主張をして行くのではなく、 ここぞという場面で主張をするようにしてみてください。そうすることで、発言に重みが生まれますし、自己主張が強い人と思われることもないでしょう。

論理的かつ説得力のある発言をしよう

感情的になるのは、最もやってはいけないことです。

本当に大事なのは、あなたが目立つことではなく「相手に自分の意見を伝える事」。それには、「論理的かつ説得力のある発言をする」のが重要です。たとえ感情が昂っても論理的な発言を心がけましょう。

出る杭は打たれる風習があるがちょっとした意識と説得力のある発言を繰り返すことで回避しよう!

出る杭は打たれる風習がある日本の会社では、目立つのはとくさくではありません。そこで相手の意見を聞いたり、説得力のある発言を繰り返したりして周囲の信頼を得るようにしてみましょう。

決して、リーダーシップを発揮するのは悪いことではありません。潰されそうになっても、今回ご紹介したポイントを意識して回避してみてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職