転職では普通?面接1回で内定を出す企業の実態

職場環境

そもそも面接1回で、内定が決まるもの!?

Lgf01a201311211700

まずは本当に、転職活動の際に面接1回だけで内定が決まる企業があるのでしょうか!?

面接は何度かするもので、結果までに時間がかかることは覚悟していますよね。転職面接一回で内定が出る事はあるのでしょうか?以下、ネット上にあった実際の事例の声を紹介しますので、みていきしょう。

20分位の面接を一回して採用になった…

「先日、職安で見つけた企業に面接にいき面接を20分位した後4日後に内定の連絡がありました。」

大企業でもあるみたいです。しかも15分くらいの面接!!

「ある大企業の営業職。説明会のあと、適性検査、一般常識検査、そして企業側7対1の15分程度の面接があって。その後、二次面接に呼ばれるのかと思っていたら、なんと内定でした。」

実際に面接一回で内定をもらったケースはある!!

上記で、紹介したみなさんの声のように、実際に面接1回だけで、内定になっている人もいるみたいです。

しかも、1回の面接で内定だから当初の面接よりも、やはり長い面接で、内定をもらったのかと思っていましたが、特に長い時間の面接でもはなく、30分以内の面接というのが、驚きです。

調べてみると、もちろん、その他でもこういった事例はあるようです。

エージェントの利用が面接一回での内定獲得に繋がっている

転職面接一回で内定を獲得できるケースがあります。その理由の一つに、転職エージェントの利用が挙げられます。転職エージェントは、求職者からヒアリングした情報をもとに最適な企業を紹介し、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれるのです

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

面接1回で決める企業も増えつつある傾向に!?

9b263108f5a312c3

何度か面接するというのが転職のスタイルとしては多かったですが、面接1回という、スピード入社に動いている企業も結構いるようです。面接一回で合否を決める企業が増えてきているのには、どういう理由があるなのでしょうか!?

ここでは転職面接を一回で終わらせる傾向の理由を見ていきましょう。

時代背景からくるものも起因していて増えている

近年のビジネスシーンでは、非常に厳しい経営をしている企業も増えている現状があるというも、面接1回で内定を決める要因になっている一つでもあると考えられます。

なぜならば、採用する企業もできるだけ仕事に時間を割きたいと思っているから、ですが、人材の登用しないといけない状況で、3,4回と面接を重ねるのは費用と労力がかかります。そういった理由から、一回で、人材を見極めて採用しているという傾向にあるようです。

また、その一方で雇われる側の変化もあるみたいです

最近の就職や転職活動において、雇用される側の考えにも変化が出てきているようです。

面接は1回でいいという声も時代とともに強くなっている傾向にあるようです。

2回でいいという回答が一番多いのですが、続いて1回がいいという声も年々多くなっているようです。

その為「選考期間が長い」という理由で、辞退をしている人も多くなっているとのこと。

その為、企業もなるべく早くいい人材を確保しなければ、競合に人材が流れてしまうという考えもあり、1回採用も増えている傾向にあるようです。

自分の実力を把握している求職者は転職が成功しやすい

面接一回で内定を貰える転職者は、自分の実力を把握して、それに見合った企業を選択できているという特徴があります。自分の実力以上の企業を望んでも、内定獲得は難しいものです。それでは、どうすれば自分の実力を知ることができるのでしょうか?

そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

面接1回で内定が決まる企業はブラック企業の可能性大!?

Lgf01a201405111200

こういった声も聞くことはありませんか!?

「面接一回で、内定が出たらブラック企業」とよく最近言われていますが、本当にそうなのでしょうか!?

そこについて考えてみましょう。

結論としては、必ずしもそうではない!!

この、面接1回で内定がでたらブラック企業という問題ですが、必ずしもそうではないということみたいです。

面接が、一次・二次と最終まであったとしても、ブラック企業だったという事例も多くあるようです。

面接が一回しかないということにも、やはりそれ相応の意味や意図はありますので、必ずブラック企業だと決めつけることはできないでしょう。

では、なぜそのようなことを言われているかということですが、確かに1回の面接で入社させるパターンのブラック企業も多いという事が要因のようです。

職種によっては面接一回の多い職種はあります!!

ただし、医療系職種は、しっかり判断できる資格やスキルを重視する傾向が強く、ましてや資格がなければ、その仕事しかできない特殊な業界ですので、面接が少なく一回だけの場合も多々あるようです。

また、機械や土木といった技術系の職種でも、同じく高度な技術力や職務経験は必須であったり、書類選考の段階である程度ではありますが、十分に確認できるため、選考回数が少ない業界でもあるようです。

これは、あくまでも、一例なので多くの企業の場合は、さまざまな役職者が面接を段階的に行いますが

そういう事情もあるということです。

いかがでしたでしょうか!?

今回は、転職の面接で一回で内定が出る企業の特徴と題して見てきましたが、参考になりましたでしょうか!?「面接がたったの一回きりの企業はブラックなのか?」という疑問に対しては『必ずしもそうではない』と答えられるでしょう。面接を一回しかしない理由としては、応募から入社までスムーズに進めた方が企業側にも応募者にも都合がいいという側面もあるようです。

一回の面接で内定を出すには、面接する側も受ける側も、見る目が必要です。第一印象を大事に選考しているとも言えますね。面接一回で内定が決まった場合は不安に感じる時もあるかと思いますが、自分が選んだ企業の結果なら喜んで受け入れましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職