新社会人が職場で好印象を与えるメイク【ベースから口紅まで】

選考対策

新社会人として働く際はメイクの仕方が重要となる

C

新社会人として職場で働き始める際には、メイクの仕方が重要となります。学生の頃は好きなメイク方法で問題ありませんが、社会人となればそうはいきません。ギャルメイクや薄すぎるメイクは、社会人としてマナー違反に繋がるのです。新社会人として正しいメイクの仕方を覚えておくことで、職場での評価を落とさないようにしましょう。本ページでは、新社会人が覚えておくべきメイクの仕方をご紹介します。

新社会人がするべきなのは薄すぎないナチュラルメイク

先述の通り、社会人としてギャルメイクや薄すぎるメイクは、職場においてマナー違反です。では、どのようなメイクを新社会人はするべきなのでしょうか?アパレルなどでは店の雰囲気にあったメイクが求められますが、それ以外の職業においては「薄すぎないナチュラルメイク」が基本となります。職場で不快感を与えないためにも、しっかりと覚えておきましょう。

ギャルメイクや薄すぎるメイクは人に不快感を与える

なぜ、新社会人になったらギャルメイクや薄すぎるメイクが失礼にあたるのでしょうか。その理由は「人に不快感を与えるから」です。一般的に見て濃いといえるギャルメイクは、オフィスの雰囲気に合いません。特にスーツやオフィスカジュアルの服装とは不釣り合いでしょう。また、薄すぎるメイクはすっぴんのイメージを与えます。何らかの形で人と関わる機会の多い社会人のビジネスマナーとして、すっぴんは最もNGな行為です。注意しておきましょう。

職場で好印象を与えるメイクのポイントは5つ

新社会人がメイクをする時、意識するべきポイントは主に5つです。細かいテクニックや技術がなくても簡単に実践へ移せます。今までバリバリのギャルメイクだったという方も、すっぴん派だったという方も、社会人としてのメイクマナー・化粧スキルを磨いておきましょう。

新社会人が意識すべきメイクのポイント①:ベースメイク

新社会人のメイクでは、まずベースが大事となります。極端に白かったり黒かったりすると、他の肌の部分と見比べた際に違和感を与えるでしょう。ですので、自分の肌に馴染む色のベースを選んでください。ベースを作る際の化粧品としては、クリームタイプのものがオススメです。最初は手の甲などで量を調整してから、肌に広げていきましょう。もしつけすぎてしまった場合などは、ティッシュで軽く抑えると肌に馴染みます。

新社会人が意識すべきメイクのポイント②:アイメイク

次に、アイメイクを見ていきましょう。新社会人のアイメイクにおいて、カラコン・つけまつ毛・過度なアイラインはNGです。アイラインを引く際は、まつ毛の隙間を埋める程度を意識してください。目の端から必要以上に伸ばすと、濃くなってしまいます。また、アイシャドウは派手すぎず、ラメの入っていないものを選びましょう。色としては、ブラウン系が最も無難です。

新社会人が意識すべきメイクのポイント③:まつげ

3つ目は、まつげのメイクです。先程も申し上げましたが、つけまつ毛はNGとなります。ビューラーでまつ毛をあげる際には、根本・中間・毛先と段階を踏んでやっていくと綺麗にできます。マスカラはあまり伸びすぎないものを選び、一度付けに抑えておくのがマナーでしょう。ボリュームアップマスカラなどは一度付けでも濃くなりがちなので、気を付けてください。

新社会人が意識すべきメイクのポイント④:チーク

チークは、自分の肌との相性を基に決めてください。顔の印象を決めるという点で大きな役割を担うチークは、「健康的に見えるかどうか」がポイントとなります。ピンクなどを使えば血色が良く、健康的なイメージを与えられるでしょう。塗る際には濃くなりすぎないように注意して、ついているかどうか迷う程度に抑えておいてください。口紅(リップ)と色を合わせると良いでしょう。

新社会人が意識すべきメイクのポイント⑤:口紅(リップ)

そして次が、口紅(リップ)になります。真っ赤だったり明るすぎるピンクだったりすると、ナチュラルメイクとして不釣り合いになり、印象が良くありません。落ち着いたオレンジやピンク系の色が、適しているといえるでしょう。口紅の色は種類が豊富なので、自分に合ったものをお店の人に相談するのもポイントです。塗る際ははみ出しと塗り忘れに注意して、不安な方はリップブラシを使うのも方法となります。

職場で好印象を与えたい新社会人はベースから口紅までのメイクを覚えよう

働く女性のメイクは、会社の雰囲気や業界によって全然違います。しかし、「職場に合わせる」という基本的なルールは、どこも共通です。どうしてもメイクのコツが分からない場合は、職場の先輩に意識しているポイントを聞いてみるのも良いでしょう。少しずつ覚えていくことで、自然と身についていくのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月1日ビジネス