仕事の効率が「良い人」「悪い人」の特徴と改善法3つ

仕事術

仕事の効率が悪い人の特徴とは?

Business 819287 640

仕事の効率が良い人と悪い人では、何が違うのでしょうか?

仕事の効率を良くする方法、仕事の効率の悪い人の改善法を探るために、まずは仕事の効率が悪い人に共通している特徴を見てみましょう。

仕事の効率が悪い人の特徴①:締切に関わらずすべてを処理しようとする

仕事の効率が悪い人の1つ目の特徴は、一見効率が良い仕事のやり方を意識していますが、実はその逆効果になっている点です。

目の前にあるものすべてを処理しようとして、数日後までに処理すればいいものまで手を出してしまうため、効率が悪くなるのです。しかも個人の勝ち負けにこだわるあまり、チーム全体の効率を下げてしまうという特徴もあります。

仕事の効率が悪い人の特徴②:完璧主義者

仕事の効率が悪い人、また上司から「あいつは仕事が遅い」と言われる人に共通している2つ目の特徴は、こだわりの完壁主義者が多いという点です。細かいところにこだわりすぎて、どんな仕事もきちんと仕上がってないと気が済みません。

しかし、これが結果的に自分の評価を落とす要素にもなりえるのです。仕事には、もちろん丁寧さも重要ですが、同じくらい速さも大切な要素なのです。

仕事の効率が悪い人の特徴③:全体を見ることができない

仕事の効率が悪い人の特徴は、まだまだあります。

例えば、机周りが汚く、メモを取ることだけに一生懸命で、周囲を見られない人。そういった人は、自分は何が苦手かわかっていないケースが多いです。

また、仕事の効率が悪い人は仕事の全体像が見えていません。優先順位付けが下手で、一点集中型タイプで臨機応変さが利かない人が多く、結果的に処理が遅くなるのです。

仕事の効率が良い人の特徴とは?

次に、仕事の効率が良い人の特徴を見ていきます。仕事の効率が良い人の特徴を掴んで、改善法を見出しましょう。

仕事の効率が良い人は高く評価されます。効率が良い人の特徴を把握して、仕事に活かしましょう。

仕事の効率が良い人の特徴①:高い意識から生まれる処理能力

仕事の効率が良い人の特徴は、複数のタスクを同時に達成できる点にあります。

その達成には何より意識付けが重要で、仕事の効率が良い人のほとんどは「1日の時間はみんな平等に24時間しか持っていない」と考えています。つまり、仕事の効率で他の社員と差をつけるしかありません。

仕事の効率が良い人は、長時間だらだらと働いて効率を落とすようなことはなく、効率の悪い人とどんどん差を広げていくのです。

仕事の効率が良い人の特徴②:ポイントではなく全体像を見る

仕事の効率が良い人の2つ目の特徴は、仕事をその日のポイントで見るのではなく、全体で見渡している点。仕事の効率が悪い人とは、反対の特徴ですね。

仕事の効率が良い人は仕事の全体像が見えているので、優先順位付けが上手く、何事もスムーズに処理できます。

仕事の効率を改善する方法

ここまでで、仕事の効率が悪い人と良い人の違いは、お分かりいただけたでしょう。ではどうすれば、仕事の効率を改善できるのでしょうか?ここからは、仕事の効率が良くなる改善法を見ていきましょう。

Businessman 449927 640

仕事の効率を改善する方法①:断捨離(だんしゃり)を行う

仕事の効率を改善する方法として、「断捨離」を活用しましょう。

断捨離とは、必要のないものを断ち、捨てて、執着から離れることを言います。仕事の効率が悪い人、要領の悪い人は不必要なものを溜め込んでしまいます。

今持っている不必要なものは捨てて、方法やプロセスに固執しないようにすれば、必ず仕事の効率は改善へと向かうはずです。

仕事の効率を改善する方法②:ビジネスメールの回数を減らす

メールを打って処理するだけで1日の仕事をしたように勘違いし、実はやらなければならない仕事に手をつけていないということが「メール依存症」です。仕事の効率が悪い人の中には、このメール依存症に陥っている人が少なくありません。

メール処理依存症から脱出するために、メールソフトを開きっ放しにせず、1日のメールチェック回数は2~3回くらいに制限しましょう。こうすることで、仕事の効率は改善できます。

仕事の効率を改善する方法③:仕事を分類する

重要度の高い仕事から手をつけるのは社会人として当たり前ですが、具体的にはどのような仕事から手をつければ、効率良くこなせるのでしょうか。

効率の良い仕事をするため、仕事の内容を分類してみましょう。

・難しいけどやりがいのある仕事

・簡単でやりがいのある仕事

・難しくてやりがいのない仕事

・簡単だけどやりがいのない仕事

以上の4つに分けるのです。そして、集中してできるときは難しい仕事、体調がすぐれないときは簡単な仕事をします。長時間同じ仕事をしていると飽きてしまい、効率はどうしても下がるので、仕事を変えて気分を切り替えつつ新しい改善策を探るのです。

仕事の効率が良い人・悪い人の特徴は全体を見れるかどうか!断捨離が改善法のカギ

仕事の効率が良い人と悪い人の特徴や、改善法を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

仕事を効率良く進められるかどうかは、ビジネスパーソンにとって非常に重要なスキルです。もし自分の仕事の効率が悪いと感じている場合は、これらの改善策を参考にしてみてください。断捨離の精神で優先順位付けをして、集中して仕事に取り組み、「仕事の効率が良い人」を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス