面接をソファーで行う場合の座り方・座る位置について

ソファー, 座り方

ソファーの座り方のマナー

Japan 217878 1280

面接をソファーで行う場合の座り方・座る位置についてみてきましょう。まず初めにソファーの座り方のマナーからです。

座るように言われるまで座らない

ソファーのマナーとして席に座るように言われない場合は、立ったまま待ちましょう。逆にすすめられた場合は、素直に座る方のがマナーです。

長ソファーの方が一人がけのソファーよりも格上

マナーの原則として長ソファーの方が一人がけのソファーよりも格上です。出入り口から遠い位置に一人がけのソファーがあり、出入り口から近い位置に長ソファーがある場合の上座は長ソファーの方が上座です。

ソファーで面接を行う場合の座り方・座る位置

ソファーについてのマナーをみてきました。続いてソファーで面接を行う場合の座り方・座る位置を把握しましょう。面接が椅子かソファーかは現場に行かないとわからないものです。マナーを身に付ける必要があります。

面接でソファーの座り方:浅く腰をかける

面接でのソファーの座り方の基本は浅く腰をかけることです。通常の椅子の場合は深く座りますが、ソファーは種類によって柔らかい素材のものもあります。体勢を崩してしまっては印象が悪いです。

面接でソファーの座る位置:出入り口から近い場所

一般的に、上座は部屋の出入り口から遠い席です。そして下座は部屋の出入り口に近い席です。面接で通された部屋にソファーがあったら、下座で立って待つのが無難です。そこが座る位置となります。

面接をソファーで行う場合の注意点

面接をソファーで行う場合の座り方と座る位置については、おわかりになりましたでしょうか。上座・下座を守って、面接に挑みましょう。続いて面接をソファーで行う場合の注意点をみていきます。

Windmills 522422 1280

肘かけを使わない

ソファーの種類は様々です。その中で肘かけがあるソファーがあります。面接で落ち着かせようとして、肘をのせてはいけません。印象が悪くなります。手はふとももの上において背筋を伸ばしましょう。

何度も座り直さない

座り方の基本はソファーに浅く腰かけることと説明しました。慣れないソファーだからといって、何度も座り直すのは落ち着きがない印象を面接官に与えてしまいます。ソファーの素材が柔らかくてもどっしりと構えましょう。

面接のソファーの座る位置は入口近く!座り方は浅く腰掛けて

面接をソファーで行う場合の座り方・座る位置についてみてきましたが、いかがでしょうか。座る位置は指定されることが多いです。その分座り方のマナーを押さえましょう。面接する部屋に入って、ソファーがあっても動揺しないようにしてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス