【安全】危険回避能力を高める方法2つ~日常に潜む危険と向き合い自分の身を守る~

2017年1月16日危険回避

悪い事態を避ける力を「危険回避能力」という

Iphone 410311 1280

「危険」の定義は「あぶないこと・悪い事態が起こる可能性があること」です。危険は現在では未だ起こっておらず、これから起こる可能性の話になるので、回避することができます。その力は「危険回避能力」とよばれているでしょう。

しかし、危険回避能力は全ての人に平等に備わっているわけではありません。危険回避能力が高い人もいれば、ほぼ皆無の人もいます。では、なぜ危険回避能力に差が出てしまうのでしょうか。

危険回避能力は鍛えることで高められる

実は、危険回避能力は鍛えることで高められるのです。意識的に高めている人もいれば、無意識のうちに、日常の行動から危険回避能力を高めている人もいるでしょう。では、どうすれば意識的に危険回避能力を高めることができるのでしょうか。

危険回避能力を高める方法:実際に危険を体験して対策を導き出すと良い

危険回避能力を高める方法の1つ目は、実際に一度危険にとびこんでみることです。危険を回避したいのに、なぜ自ら危険に巻き込まれるのかと思う人がいるでしょう。危険というのは、実際に一度経験してみないとどう危ないのかが分からないものです。そして、危険を体験するリスクを負う代わりに、その時どうすれば良かったのかという対策の答えを得ることができます。実際の体験がもたらす危険回避能力への影響は大きいでしょう。

危険回避能力を高める方法:ニュースのチェック

朝起きてから、仕事の休憩時間、帰宅してから、どれでも良いのですがテレビをつけてニュースを見ていますか?

テレビをつけてニュースを見ることでも、危険回避能力は高められます。危険回避能力の高い人は、世の中の日常で何が起こっているのかを把握しています。問題や事件について知っていれば、あらかじめある程度の対策がとれるでしょう。たとえば「A区で不審者が出没したから、しばらくはB区の方面から帰宅しよう」など、ごく単純です。こういったことを日常的に考えることができれば、危険回避能力を高められるでしょう。

危険回避能力を高める方法には実際に危険を体験することやニュースをチェックするが挙げられる

ここまで、危険回避能力を高める方法をみてきましたが、いかがでしたか。日常には、危険が多く潜んでいます。事故や不審者、近年ではSNSなども問題点として挙げられるでしょう。自分の安全を守れるのは自分しかいませんので、危険回避能力を高めて、危険から身を守りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK