取引先と一緒に会食に行く際のビジネスマナー

会食, 取引先

取引先との会食では乾杯の仕方やグラスの残量に注意する

9bb1571226490c64

取引先と会食をするときの乾杯は、自分のグラスを目上の人のグラスよりも高くしないように気を付けましょう。また、グラスが空になっていることに気がついたら声を掛ける必要があります。しかし、取引先の方がお酒に弱い場合もあるため、しつこくならないように気を付けてペースを乱さないようにすることが大切です。

翌日に会食のお礼を直接またはメールで伝えると好印象

取引先との会食があった場合、次の日にお礼を言うようにすると印象がよくなります。直接伝えるのが難しい場合には、会食のお礼をメールで伝えるのがおすすめです。その場合は、楽しかったという気持が伝わるように、「○○が美味しかった」など具体的に伝えるといいでしょう。その際、上から目線にならないように気を付けましょう。今後も良好な関係が築くためには、ちょっとした気遣いが大切です。

取引先との会食では気配りを忘れずに好印象を与えよう

いかがでしたか。取引先と会食があった場合のポイントについてご紹介しました。取引先と会食をする場合は、相手を気遣う態度を心掛けましょう。乾杯でグラスを相手よりも低くすることや、空になっていたら声を掛けるなど、周囲に気を配り時間を過ごす必要があります。また、翌日にお礼を伝えることで好印象を与えられます。直接伝えるのがいいですが、できない場合はメールを送るようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月27日ビジネス