会食とは?その意味とおもてなしの効果

おもてなし, 会食

会食とは招待客との信頼関係を築く目的の場

A1180 015435

会食とは、ひとつの目的をもとに人が集まって食事をするという意味を持ちます。会社間では取引先との今後の商談につながる話等、仕事目的の会話が多いでしょう。結婚披露宴などの会食では、新郎新婦両家の親戚や友人とのおもてなしが行われます。

おもてなしをすると良い人間関係が築ける

こうした色々な場面、目的で行われる会食の意味は、そこにいる人との信頼関係を築く場であると言えるでしょう。会食の席での印象がよければ、その人とのその後の交流が深まることにもつながっていきます。招待する側の人が会食に集まった招待客をもてなす気遣いが、会食としての雰囲気作りにつながり、会食としての意味を持ち、その後の人間関係に良い影響を与えるのです。

会食とはおもてなしする側のセンスが問われる

会食とは、おもてなしする側のセンスや人間性が問われることも意味に含みます。会社同士の会食の場合には、気の利いた手土産を用意し、翌日にはお疲れ様でしたの一報を入れるなど、終始気遣いをすることで相手に対して気持ちのいい対応ができているかがポイントです。

おもてなしする側のポイント

会社での会食の際には、

・会食の開始時間は18時から

・開始15分前までには会場入りして席の位置などを確認しておく

・お店を選ぶ際には、先方の秘書に行ったことがあるかを確認

・必要に応じて帰りの足を手配

・翌朝7時には必ず、先方へのお礼をメールか電話でする

などがあり、細かくするともっと沢山の気遣いすべきポイントがあります。

招待客に覚えてもらえるよう意味のある会食にする

お金をかけることだけがいいおもてなしができる会食というわけではありません。相手が喜ぶような食事、手土産、気遣い、これらすべてが折り重なっていい会食の雰囲気を作り出し、その会食に意味をもたせることが重要です。例えば、

・手土産に地元で採れた今朝一番の新鮮な野菜を贈る

・高級料理店ばかりで舌の肥えた先方へ下町の穴場となるお店へ案内する

など、時には喜びと感動を与えるようなサプライズなもてなしをすることにも意味があり効果的です。

招待客のことをあらかじめリサーチしておく

2回3回と交流を重ねた相手であれば、ちょっとした驚きこそが会食の印象を大きくプラスにしてくれる要素になり得ます。あらかじめ好きなものをリサーチした上で、相手が好みそうなおもてなしができれば、会食の雰囲気は大いに盛り上がるでしょう。

会食とは接待客に覚えてもらいおもてなしの気持ちを伝えるという意味がある

日本人にとって、”おもてなし”の精神は世界でも珍しいと言われています。おもてなしの意味は、相手のことを気遣い、気持ち良く時間を過ごせる様に配慮をするという気持ちです。それは、会食の雰囲気の中にも存分に現れているのです。逆を言えば、そうした気遣いを出来るかできないかという、会食を主催する側の人間性を試される場でもあり、良好な交流関係を築いていく上で必要な場であります。俗にいう仕事が出来る人は、こうした会食におけるマナーの心得があるといい、先方に対しての礼節や、接待術のセンスを持ち合わせているのです。最近では、こうした会社間での会食が減ってきているとも言われ、少なくなった中でも印象に残る会食に出来るかという演出のセンスが問われています。意味のある会食をするため、おもてなしの気持ちを再確認してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス