転職失敗後に会社への出戻りを成功させる秘訣

2016年11月29日出戻り

転職失敗後に出戻り社員として復帰するのは難しい?

Office 730681 640

転職失敗すると、会社への出戻りを成功させるのは難しいのでしょうか? 転職が失敗したから出戻りする、前いた会社の方が居心地がよかったから出戻りするなど、様々な理由があるかと思います。

一度は離れた会社といった事もあり、会社への出戻りに気が引けてしまう事もあるかと思います。果たして転職失敗での出戻り成功は可能なのでしょうか?

出戻りは一般的には難しいが不可能ではない

一般的には、転職すると以前いた会社への出戻りは難しいとされています。

ただ、出戻り社員としての復帰が必ずしも不可能というわけでもありません。「戻ってもいい」という会社もあります。しかし、当然ですが以前と同じ雰囲気や給料などで働けるとは限りません。

転職前の信頼関係の再構築は困難

一度転職した以上は、環境が変わっている可能性が当然あるわけですから、以前の信頼関係を再構築するのは困難かもしれない、ということを念頭に置いておく必要があります。

しかし、転職した元社員が出戻りするのには、会社にとってメリットもあります。

転職に失敗した出戻り社員を会社が受け入れるメリット

転職に失敗した出戻り社員を受け入れると、経験者、つまり即戦力を得られ、他社のノウハウを取り込めるといったメリットがあります。出戻りは、会社の理念を理解し、なおかつ知識や経験も持っているわけですから、メリットの方が大きいのかもしれません。

特に、円満退職であれば出戻り社員としてできる可能性が高いと言えるでしょう。

出戻り社員でも使える人間ならOK

出戻り転職で失敗しないための条件は、辞めるときに会社から強く留意され、惜しまれつつ退職した人です。

つまり会社にとって必要な人材だったという事であり、そのような人材が出戻りを希望するのであれば、会社としても採用を検討するのは当然です。

また、退職後も上司や同僚などとメール交換や食事などのコミュニケーションをとっていれば社内の様子もわかりますし、内部の状況から転職者自身が出戻り転職が成功するかどうか判断もできるので、失敗が少ないでしょう。

出戻り社員を同僚はどう見ている?

いざ「会社に戻ろう!」と決めたとしても、出戻りを受け入れてもらえるだろうか、すぐ戻ったら失敗したと思われて、馬鹿にされるのではないだろうかなど、様々な不安に襲われるのではないでしょうか。

出戻りした、同僚を受け入れた事のある方の意見を参考にしてみましょう。

短期間で出戻りしても同僚としては嬉しい

会社の方針で出戻りを認めていないとどうにもなりませんが、また一緒に働く同僚からすると、転職して出戻りしてきても、社員はあまり気にならないようです。

例え、短期間での出戻りで「転職で失敗したな」と心の中で思われても、仕事の勝手がわかっている社員が増えるわけですから、仕事の負担が減るメリットの方が断然大きいと感じるのです。

転職の失敗はさほど関係ない

「転職に失敗して戻ってきたらみっともない」

「長期間開けていたからブランクが」

といった事も、実際はあまり関係ないようです。

会社で散々やっていた仕事を、またやっていくことに抵抗がなければ、何の問題もないはずです。一度別の会社に携わった分、以前いた頃とは、絶対に違った視点で見る事ができるようになっているので、仕事の取り組み方も全く違うはずです。

出戻りが成功しやすい志望動機とは?

転職に失敗して、どうしても前社に出戻りしたいと思ったとき、どんな志望動機を伝えれば成功するのでしょうか。

出戻りとはいえ、また選考を受けるのなら志望動機が重要になってきそうですよね。前社に志望動機を伝えるときの注意点とはどのようなものでしょうか。

Diary 614149 1280

普通の転職と同じように志望動機を考える

出戻りまでに数年の期間が空いていたり、転職してから前社とコンタクトを取っていなかったのであれば、普通の転職と同じように、しっかりとした志望動機を考えるのが、出戻り成功のコツ。

もちろん志望動機の中で、以前同じ会社で勤めていたときの事をアピールしても構いませんが、アピールしすぎてもマイナスになってしまいます。

スキルや経験をどう活かしていくか会社に伝えよう

なぜ出戻りをしてまで以前働いていた会社で働きたいと思ったのか、そして転職でどんな経験とスキルを身につけ、それをどう活かして貢献していくのかを、シンプルに志望動機に書き込みましょう。

転職が失敗したからといった理由は、もちろん志望動機にはなりませんので注意してください。

転職失敗後に会社に出戻りできる可能性は十分にある!スキル・経験をアピールしよう

転職後に、「以前いた会社の方がよかった」と思った失敗経験がある方もいるでしょう。もちろん出戻りしてまでとなると、一度前社に問い合わせてみるのが一番いいでしょう。

会社が出戻り社員を受け入れるメリットはそれなりにあります。選考に進ませてもらえることになったら、履歴書類はしっかり作成しましょう。志望動機はごく普通の内容にし、出戻りをアピールしすぎないようにするのが、成功のコツです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK