化粧に関するビジネスマナー!女性のメイクの基本

ナチュラルメイク

女性の化粧に関するビジネスマナー

Rose 693152 640

休日は面倒だからなどという理由で化粧をしない女性。反対に、休日はいつもと違った自分を演出するために派手目の化粧を楽しむ女性。プライベートでの化粧は人それぞれ自由です。

しかし、ビジネスにおいての化粧は「身だしなみ」を意味します。仕事では化粧する事もマナーです。仕事上の身だしなみを整えるコツは、相手に対して不快感を与えないようにすることです。

仕事上での化粧は相手への敬意を表すマナーとして重要です。

ビジネスシーンでのノーメイクはNG!

もし、ノーメイクで職場に行くとなると、周りから、「顔色が悪い」「だらしがない」「見苦しい」といった悪い印象を持たれてしまう可能性があります。また、社内だけならまだしも、取引先と会うというシーンであれば、それは大変失礼に値します。相手に敬意を払うためにも身だしなみを整える=化粧をするということが大事になり、ノーメイクはマナー違反とみなされます。仕事では自分の見栄えとは別の部分で化粧は重要なマナーとなります。

職場や職種によって適切な化粧の程度は異なる

仕事中のマナーとして化粧は必須ですが、化粧の仕方は、人それぞれだと思います。職場や職種によって適切な化粧の程度は異なるかと思います。派手なもの、奇抜なものはNG。仕事ではTPOをわきまえた、節度ある化粧を心掛けましょう。

化粧の仕方は洋服選びと同じ

仕事中のマナーとして化粧は必須ですが、化粧の仕方は、人それぞれだと思います。職場や職種によって適切な化粧の程度は異なるかと思います。化粧の方法も洋服選びと同じと考えると良いかもしれません。派手なもの、奇抜なものはNG。仕事ではTPOをわきまえた、節度ある化粧を心掛けましょう。それを踏まえて、自分に似合う好みのメイクをすればいいのです。

ナチュラルメイクの基本とは

好印象を与えることができる化粧として代表的なのは、やはり「ナチュラルなメイク」です。ビジネスシーンでもナチュラルメイクが好まれます。これは決して薄い手抜きメイクではありません。違和感のない自然な仕上がりとなるメイクのことです。

では、ビジネスマナーを守るため、ナチュラルメイクについて簡単に抑えておきましょう。

ビジネスマナーに沿った女性の化粧①ファンデーション

自分の肌に合ったものを選びます。首の色に合わせると自然な仕上がりになります。ただし、厚塗りには注意が必要です。もし、クマなどが目立つようであればコンシーラなどを利用すると良いでしょう。

ビジネスマナーに沿った女性の化粧②眉

髪の色に合わせると自然な色味になります。眉毛は抜きすぎたりそりすぎたりすると不自然な仕上がりになるため、あまり手入れしすぎないことがポイントです。もし、入社前などで時間があるのであれば、一度生やしてから整えるというのもよいかもしれません。

ビジネスマナーに沿った女性の化粧③アイシャドー

ブラウン系、もしくはグレー系を選ぶのが無難です。ピンクやブルーは季節感を演出できる色ですが、肌の色によって印象を暗くしてしまう可能性もありますし、濃く入れすぎるとビジネスシーンにはふさわしくなくなってしまう恐れがあります。

ビジネスマナーに沿った女性の化粧④アイライン

アイシャドー同様、濃すぎたり長すぎたりするとビジネスシーンにふさわしくなくなる場合がありますので注意しましょう。

ビジネスマナーに沿った女性の化粧⑤チーク

血色をよく見せるための必須アイテムです。肌の色や髪の毛の色によって似合う色が人それぞれ異なります。また、目的によっても、オレンジ系がいいのかピンク系がいいのか異なってきます。

ビジネスマナーに沿った女性の化粧⑥リップ

色味を抑えたものがナチュラルに仕上がります。普通のリップだけでは血色が悪い人は色のついたリップを使うと良いでしょう。

以上のポイントを押さえておけば、ビジネスシーンに合ったナチュラルな化粧ができるはずです。

女性の化粧(メイク)は職種とTPOに合わせる

仕事での女性の化粧のビジネスマナーに関して見てきましたが、いかがでしたか?

メイクするということは、女性にとって社会人として欠かせないビジネスマナーの一つです。しかし、ただ化粧をすればOK、ナチュラルメイクだからOKというわけではありません。化粧をしたら、必ず全身を見てみてください。髪型と化粧のバランス、スーツを着た時のバランスはきちんと合っているでしょうか。第一印象は大切ですから、気を抜かないように身だしなみに注意しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス