社会人として相応しい言葉遣いをするためのポイント

言葉遣い

新社会人は正しい言葉遣いができない場合が多い

Business people 1572059 1280

社会人になったばかりの頃は、ビジネスマナーがまだ十分身についていない時期です。そのため、その一環である言葉遣いも、新米の社会人には何が正しいのかわからない場合が多いでしょう。たしかに、新入社員研修やビジネスマナーの教科書などを通じて、正しい言葉遣いを学んだかもしれません。しかし、実際に社会人がビジネスの現場で使うとなると、迷う場面も多々あるでしょう。

普段から上司や先輩の言葉遣いを聞いて参考にする

そこで、社会人の方は普段から職場の上司や先輩の言葉遣いをよく聞いて、自分が話す時の参考にしてみましょう。もちろん、自分のやるべき仕事はきちんとすべきです。ただその間に、近くの席で上司や先輩が話しているのを密かに聞いて、どんな場面でどういう言葉遣いをすべきなのかを学びましょう。それをメモにして残しておき、自分が話す時に役立てます。そうすれば、社会人に相応しい生きた言葉遣いが身に付くはずです。

言葉遣いを注意された時に拒絶すると関係が悪化し成長の機会も失う

また、部下である自分が話をしている時に、上司や先輩の方から言葉遣いを注意されることもあるでしょう。その際、せっかく注意してくれたのに、不快な態度をとったり拒絶したりすると、上司や先輩も不快感を抱き、関係が悪化して仕事にも支障が出てしまいます。また、自分も社会人として言葉遣いの面で成長する機会も失ってしまうでしょう。

注意されたことには素直に耳を傾けて改善する

そうならないように、まずは忙しい中わざわざ注意してくれたことに対し、感謝の気持ちを示しましょう。そのうえでどこがいけないのか、どう直すべきなのかなど、注意点を教えてもらい、メモをするなどして忘れないようにすべきです。そのように、素直に耳を傾けて改善できれば、良好な関係を維持できます。そして正しい言葉遣いが可能になり、自分も社会人として伸びていけるでしょう。

社会人が必要な時だけ言葉遣いを正しくするのは難しい

なお、言葉遣いを必要な時だけきちんとしようとしても限界があるでしょう。当然ですが、人間は日常的に言葉を使って生活しているため、普段の言葉遣いが大事な場面でも出てしまうのです。例えば、プライベートで汚くて荒い言葉遣いをしていると、仕事でもつい緊張が緩んだ時に、社会人として相応しくない言動を発してしまう恐れがあります。社会人は公私のけじめが大事ですが、言葉遣いに関しては私生活が公の場に表れるということです。

日頃から正しい言葉遣いをする訓練をしておく

それをふまえて、日頃から適切な言葉遣いをするように訓練しておくべきです。例えば、プライベートで仕事と関係ない友人と会う場合、たしかに堅苦しい言葉遣いをする必要はありません。ただし、聞くに堪えない言葉遣いは止めましょう。また、仕事で発しても不自然でないレベルの言葉遣いは、維持するのが望ましいです。いずれにせよ、社会人としての自覚を持ち、普段から言葉を適切に使うようにしましょう。

社会人としての自覚を持ち普段から先輩の会話に耳を傾け日常生活での言葉遣いから注意するのが大事

社会人になったばかりの頃は、正しい言葉遣いがわからないので、身近な上司や先輩の言葉遣いを聞いて学びましょう。また、上司や先輩から注意されたら、感謝の気持ちを持って素直に受け入れ、言葉遣いを改めるべきです。さらに、いきなり適切な言葉遣いをしようとしても無理なので、日頃から言葉遣いに注意しておかなければなりません。社会人としての自覚を持ち、適切な言葉遣いをして品位を維持することが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス