2級建築士に合格するための勉強方法と1級の難易度

2017年1月16日建築士

2級建築士の合格には効率の良い勉強方法が必要

Drawing board 670027 1280

建築士の資格には、木造2級建築士建築士、1級建築士の3種類があります。それぞれに受験資格があるので、まずは2級建築士を目指すと良いでしょう。しかし、2級建築士の資格も簡単には取得できません。独学で合格する人もまれにいますが、効率の良い勉強方法でなければ難しいでしょう。2級建築士に合格するためには、どんな勉強方法がおすすめなのでしょうか。

大抵の人が通信教育・予備校・専門学校を利用している

2級建築士を独学で勉強して合格する人もいますが、極めて少数派です。大抵の人の勉強方法は通信教育や予備校、専門学校を利用したものだと言えるでしょう。2級建築士には、7年間の実務経験もしくは土木関連の学歴が受験資格として設けられています。そのため、学歴が無い方は通信制の大学に入るのが近道です。また、合格率は24.3%となっています。効率の良い勉強方法で、試験合格を目指しましょう。

2級建築士はひたすら過去問を解く勉強方法が大事

2級建築士の効率の良い勉強方法はなによりもまず、過去問を解くことです。問題の傾向は毎年そう大きく変わらないと言えるでしょう。過去問を解いておくと出題傾向がわかり、自信もついてきます。学科試験は暗記が中心の分野もあるので、過去問を解く勉強方法がおすすめです。しかし、設計構図に関しては違った勉強方法が必要だと言えるでしょう。

設計製図はプロの人にアドバイスをもらうのがおすすめ

2級建築士の勉強方法として難しいのは、設計製図についての問題です。作図力が特に問われる試験なので、プロの人にアドバイスを貰うようにしましょう。予備校や通信教育を利用しているのなら遠慮なくたくさん質問をし、アドバイスを貰うのが設計製図に関する勉強方法のコツです。実際の業務にも関わるので、身近に相談できる人がいれば頼るのをおすすめします。

1級建築士の合格率は12.4%と超難関

2級建築士を取得したら、次に目指すのは建築士1級です。これは2級建築士を取得した後に4年の実務経験を積めば受験資格が得られます。合格率は12.4%と難関な試験なので、しっかりと計画を立てた効率の良い勉強方法を行いましょう。合格すれば、建築士としての仕事は増えると期待できます。

通勤時間や休日を上手に利用して試験勉強を行う

建築士1級の資格はとても難易度が高く、効率の良い勉強方法をしなければなりません。ほとんどの人が働きながら勉強するので、時間を有効に使った勉強方法が大事です。通勤時間や休憩時間、休日など、時間を上手に利用しましょう。勉強方法は過去問を中心に解くのをおすすめします。

2級建築士に合格するにはひたすら過去問を解く勉強方法が必要であり1級の試験は超難関

2級建築士に合格するためには、過去問をひたすら解く勉強方法が必要です。また、設計製図試験では、作図能力が重要となります。身近に作図に関する人がいたら、相談してみるのがいいでしょう。そして、よりキャリアアップを目指すなら1級建築士にも挑戦してみるのがおすすめです。合格率は12.4%と超難関ですが、時間を有効活用して対策を進めましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK