面接を有利にする職務経歴の上手なアピール方法

2017年7月10日職務経歴書

職務経歴は時系列でわかりやすく

6f93af7f8c64b4f0

では、最初に職務経歴がいくつかある人のための面接対策として、面接で内定に近づくための職歴の話し方について見ていきたいと思います。面接では職務経歴が有利にはたらくような説明の仕方、話し方をしなくてはいけません。転職を繰り返している人は、「一つのことに長続きしないのではないか」「うちもすぐに辞めてしまうのではないか」などと思われないような話し方を工夫しましょう。

マイナスイメージを与える職歴の話し方はNG

基本的に一社の経験の人も何社か経験がある人も、経験した会社やその会社内での仕事について、時系列に1分以内位でわかりやすく簡潔に話しましょう。頭でイメージしやすいように、具体的な数字なども織り交ぜながら話すのがおすすめです。

職務経歴で即戦力としてのキャリアをアピール

8be2cd7f812aaa58

面接対策として、転職で有利になる職務経歴の話し方をみています。新卒と既卒で職務経歴がある人では何が違うか、何が一番のアピール材料かというと「即戦力」です。

会社でどのように経験を活かせるか説明

面接で有利に職務経歴を説明するための話し方としては、今までの経験がどのように今後その会社で活かすことができるか、そのポイントをはずさないようにアピール内容を考えるとよいでしょう。

職務経歴では退職理由を自ら述べる

4cdf7082eaee2e81

面接対策として、転職で有利になる職務経歴の話し方をみていますが、最後に退職理由についてふれておきたいと思います。面接で有利になるように、職務経歴と一緒に退職理由も自分で言ったほうがいい場合もあるのです。

退職理由が有利になるよう話し方をする

しかし、それがマイナスに働いてしまわないように、話し方には工夫や注意が必要です。例えば、「仕事が合わずに嫌で辞めたような場合」「人間関係がうまくいかずに辞めた場合」などにも、「キャリアアップのための転職」または「自分を成長させるための転職」といえば前向きな表現ができます。

面接では職務経歴から即戦力になるような話し方を意識しよう

面接対策として、転職で有利になる職務経歴の話し方についてみていきました。同じ事柄でも、面接では話し方によって面接官への印象やアピール度も違ってきます。職務経歴を話すときは、話し方にぜひ工夫をしてください。話し方の工夫次第で、自分の職歴をより有利に面接でアピールできます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月10日転職

Posted by BiZPARK