転職の理想と現実!入社後のギャップとその対処法

ギャップ

転職で良くある失敗の原因は「理想と現実のギャップ」

Park

転職では誰もが成功をおさめたいものです。しかし、失敗に終わって悩んでしまう人も多いのが現実でしょう。こういった転職失敗の原因としてよく挙げられるのが、理想と現実のギャップであるといわれています。転職前に抱いていた理想と、入社後に目にする現実に差があると、転職しなければよかったと思ってしまうのです。では、そこにはどのようなギャップがあって、どう対処していけば転職に成功出来るのでしょうか?

転職後の理想の現実のギャップ①:待遇

転職を決める際に重要になるのは、やはり待遇面です。給与の額、福利厚生、制度などを面接や内定面談の時に確認するはずですが、その条件のもう少し細かいところの確認漏れをしてしまい、入社後に知ったというケースがあります。例えば、営業職で営業交通費の支給や携帯電話の貸与がなかったり、残業代の支給がなかったりといった現実です。

転職後の理想と現実のギャップ②:社風

Business 106694 1280

面接の際に「積極的に中途採用をしている」「中途であっても活躍できる」といわれて入社したものの、クローズアップされるのは新卒採用された社員ばかりというケースも、転職の理想と現実の違いで挙げられます。会社のマインドに染められる新卒を可愛がる社風を知り、中途採用者はすぐに辞めていくというものです。このような理想と現実の違いにも注意しましょう。

転職後の理想と現実のギャップ③:会社の方針

採用面接の中で今後の経営の方向性について理想を聞く機会がありそこに共感をして転職したあと、実際の現場の現実を垣間見て驚いたというケースもあります。特にベンチャー企業にありがちです。会社を大きくするために上層部は様々な施策を考えていて、その理想の話を聞き入社したものの、現実の現場はついていけていないなど、そういった状況はげんじつとしてあるのです。

転職後の理想と現実のギャップ④:やる気のない上司

上司に不満があって転職をし、面接時にとても優しい上司に巡り合い「この人と一緒なら」と入社を決めてしまいますよね。しかし、実はその上司はまったくやる気のない人で愕然としたというケースも考えられます。尊敬できる上司を理想として転職したのに、現実ではやる気のない上司の下に就かなければならないケースもあるのです。

転職時の理想と現実のギャップをなくすカギは面接にある

現職の不満を解消すべく転職をしたにも関わらず、似たような事態に陥ってしまう、もしくは別の問題が起こってしまうなどは、避けたいですよね。そのためには、入社後に見える現実をできるだけ事前に知らなければなりません。その最大のチャンスが、転職活動における面接の場です。

面接の段階で遠慮せず企業についての情報を確認するべき

学生のように内定前にインターンで働くことが出来ない中途社員は、面接で自分の知りたい情報の答えを得る努力をしなければなりません。事前に気になるところ、確認したいところをケースステディのように用意しておき、必ず確認するようにしましょう。採用されることだけを目的としてしまい、遠慮して聞きたいことの半分も聞けないようでは、転職したとしても理想と現実のギャップに苦しんでしまう危険性があるのです。また、可能であれば上司だけではなく同僚になる人とも面談をさせてもらい、働いている人の現実の雰囲気をみるのも大事ですよ。

理想と現実の差は「待遇・社風・上司・方針」に現れる!転職面接でしっかり確認しよう

転職で遭遇しがちな理想と現実についてご紹介しました。転職際に入社するまで気づかない理想と現実のギャップとして、待遇、社風、上司、会社のビジョンと実態というものが挙げられます。このギャップを避けるためには、できる限り面接で企業の情報を引き出す努力が重要です。採用のために遠慮するのではなく、よりよい会社に転職するために、いい職場かどうか見極める姿勢で面接に臨みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職