国民健康保険を滞納してしまったときの解決方法

国民健康保険

国民健康保険を滞納し続けると催促が来る

Gf01a201502220800

国民健康保険を滞納すると、まず催促の連絡が来るでしょう。そこで納付の確認がなかった場合には、短期被保険者証が発行し手渡されます。国民健康保険と違って、短期被保険者証には有効期限があります。滞納する前に、国民健康保険の納付を最優先におこないましょう。自分が病気になったらと想定し、危機感を持つのが大事です。短期被保険者証が手渡されても納付がない場合は資格証明書、それでも納付がなかったら、財産差押えによる行政執行が下されます。

医療に関わる税金は最優先で支払う

通常、国民健康保険は医療費の負担を3割に抑えられます。しかし、資格証明書は医療費を全額負担しなければなりません。医療費は高額ですので、全額負担となると支払いは困難でしょう。税金の滞納が避けられない場合、国民健康保険の支払いが最優先です。自分の体が大事ですので、国民健康保険に気を使わなければなりません。医療に関わる税金というのは、最優先に支払わなければなりません。

国民健康保険を滞納してしまった際は市役所に相談する

国民健康保険のシステム上、所得に応じて金額が変わります。所得によって、安くなる場合もあれば、高くなるケースもあるのです。よほどの理由がない限り、滞納の確立は低いでしょう。それでも滞納してしまった場合、通知書を持って市役所に相談しましょう。そのためにはまず、支払う意思を示さなければなりません。そうすることで、親身に対応してくれるでしょう。

支払い忘れがないように口座引き落としなどを利用する

人間ですので、支払い忘れという場合もあります。それを避けるのに、口座引き落としかクレジットカードの支払いを選択すると良いでしょう。特に口座引き落としができるように、事前に通帳に入金しなければなりません。国民健康保険であるならなおさらです。病院にかかるときに負担が重くのしかかってくるからです。

滞納が避けられない場合は分割払いや減免措置で対応してもらう

各自治体に滞納の相談をすれば、分割払いや減免措置などを対応してくれます。病院に多くかかる場合も考えられるので、国民健康保険の支払いは絶対です。所得に応じて金額が変動するので確立は低いですが、それでも滞納する人はいます。国民健康保険を利用する以上、計画性を持って支払い続けなければなりません。

国民健康保険以外でも滞納は避けるべき

会社などで働いている人は社会保険、市役所などで働いている公務員は共済組合、それぞれの保険に加入しています。それ以外の保険に加入していない場合、国民健康保険に加入しなければなりません。共通する注意点として、滞納だけは避けましょう。基本的に給与から自動的に引き落とされるので、社会保険と共済組合の滞納は滅多にないようです。

国民健康保険を滞納したら市役所に相談して分割払いや減免措置で対応してもらおう

税金の中で、特に滞納してはならないのが、国民健康保険です。病院にかかるときがあるので、滞納は絶対に避けなければなりません。避けられないときは相談するのが1番です。国民健康保険は所得に応じて金額がかわるので、支払いの負担は少ないのですが、前年度の所得によっては負担が重くなる場合があります。税金の滞納を避けるために、計画性を持って支払うようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職