アイドルタイムという言葉の由来と意味

アイドルタイム

アイドルタイムの由来は英語のidle

Park bench 771653 640

アイドルタイムの由来は、決して難しくありません。アイドルタイムは英語のidleから由来した言葉です。英語でアイドルと言うと、歌って踊る方のアイドルをイメージしがちですが、ここでいうアイドルはそれとは違います。歌って踊るアイドルは「idol」ですが、アイドルタイムは「idle」ですので、混同しないようにしましょう。

仕事がない時間という意味

ではアイドルタイムの由来となったidleにはどのような意味があるのでしょうか?こちらのアイドルという英語には、仕事がないといった意味があります。ですから、もう本当にそのまま「仕事がなくて暇な時間」という日本語の表現を、「アイドルタイム」という英語の表現にしただけなのです。すごくシンプルな言葉の由来であると言えます。

「アイドリング」の由来にもなっている

アイドルタイムのidleが、このアイドルタイム以外で使われているシーンとして、アイドリングがあります。アイドリングとは、走っているわけではない状態を指します。これを知れば、アイドルタイムが、特別何もしていない時間を表すのも想像しやすいでしょう。そうして別のシーンから由来を覚えるのも有効な手段です。

idle richという言葉もある

英語では、idle richといった言葉もあります。それはつまり、お金があるから何もしないような階級の人達を指します。このように、アイドルの由来は、何もしていない状態を示す際に色々な言葉にくっつきます。ですので、日本でも自然とアイドルタイムが流行ったのでしょう。

アイドルタイムの対義語はピークタイム

アイドルタイムの由来はわかったでしょう。では、そんなアイドルタイムの対義語にはどんな言葉あるのでしょうか?アイドルタイムの対義語は、ピークタイムです。ピークタイムという言葉は、大体の方が耳にした覚えがあるであろう有名な言葉です。その対極にあるのが、アイドルタイムなのです。

ピークタイムの由来は忙しいを意味する「ピーク」

ピークタイムの由来は、当然ピークという言葉になります。1日の中で人の入りがピークとなる時間だから、こう表現されるといったとてもシンプルなものです。つまり、アイドルタイムもピークタイムも、すごく分かりやすい英語であり、特別ひねったことのない業界用語だと言えます。この機会に由来までしっかり覚えていくと良いでしょう。

アイドルタイムの由来はidleで何もしていない時間を意味する

アイドルタイムの由来と意について見ていきました。アイドルタイムの由来はidleで、その成り立ちは極めてシンプルだと言えます。最近では飲食業や接客業以外でもこういう言葉が使われることが増えてきました。たとえばIT業界などでも、アイドルタイムが使われます。だからこそ、はっきりと由来と意味を理解しておいた方が良いと言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月12日転職