留学する彼氏と別れるべきか迷ったときの判断材料【体験談あり】

留学

彼氏の留学を友達に相談してもあまりいい意見はもらえない

Cloth 1384827 1280

留学することにした、と彼氏が言い出した時、あなたはどうしますか。別れることを考えますか。社会人の場合、社命でのMBA留学などは除いて考えてください。費用会社負担での社命留学は、実質的に海外転勤と同じです。別れるのか女友達に相談した方がいいのか、男友達の意見も聞いた方がいいのでしょうか。結論から言うと、留学が原因で別れるのかについて友達に相談しても、ありふれた慰めの言葉を聞かされる場合が多いので、余り意味がないといえます。

彼氏の留学は二人の関係の転機

確実に言えるのは、留学の問題は、別れるにせよ、続けるにせよ、二人の関係には間違いなく転機だということです。1~2ヶ月間の短期の語学留学ならば話は別ですが、ある程度の長期間の留学となれば、あなた自身の将来を考える絶好のチャンスだと言えます。また、言葉を換えれば、あなた自身のこれからを考えざるを得ないと言えるでしょう。待ち続けて彼氏の将来に賭けるのか、別れる決断をして新しい可能性に賭けるのか、思案の為所なのです。

留学を機に別れるかの判断材料は将来性

Bcaa68f73cd43252

留学を機に別れるのか、一番の判断材料はズバリ、彼氏の留学後の将来性です。留学を経て、人間として大きく成長して帰って来るのか、これまでと変わらないか、浮世離れした人間になるだけなのか、周りの意見ではなく、あなた自身で直感に従って別れるのかどうか判断してください。厳しい話ですが、日本でうだつが上がらない人間が、留学と称して海外に逃げて、大きく成長して帰って来ることは、基本的にあり得ません。

ワーホリなら別れることを前提に考えた方が良い

具体的に言えば、「学費さえ払えば誰でも可能な語学留学で英語を学びたい」「ワーキングホリデー制度を使って、海外でアルバイトをしながら語学も学び、自分探しをしたい」などと彼氏が考えているならば、別れることを前提に考えた方が良いかも知れません。さらに言えば、社会人になって、1~2年間の在籍で留学すると称して会社を辞め、語学留学やワーキングホリデーを考えているならば、先々は相当厳しいものになるでしょう。別れる根拠には十分です。

学部や大学院留学ならば将来性がある

Fc7fcae7e5ecc278

他方、現地の4年制大学への学部留学や、大学院留学であれば、彼氏には将来性があるかも知れません。現地の大学に編入するのは、かなり努力が要るものだからです。将来性という観点からだけでの判断ならば、別れる必要はないでしょう。因みに、2年制短期大学への留学となると、ハードルは大きく下がりますので、判断は微妙なところです。

現地で浮気する可能性はあり得る

どんな彼氏と付き合い、結婚するのかで、将来が大きく影響されることは間違いありません。長く留学している間には、正直、浮気をする可能性は大いにあります。日本でそれなりにモテるなら、現地で彼女が全くできないことは、寧ろ不自然かも知れません。彼氏が本気でないならば、現地の彼女の存在を許せるのか、発覚次第別れるのか、その辺りも考えてみてください。

【体験談】連絡の頻度や期間を決めよう!

M・Tさんの場合

彼氏の留学を応援出来たのは、期間が決まっていた1年間の留学だったこと、留学中は自分も何か別のことを頑張るように気持ちを入れ替えたからです。ただ、1年以上の留学や、あまりIT環境が整っていないような土地へ行くというようなことでしたら、留学前に別れていたかもしれません。あとは、1年間遠くはなれていても将来一緒にいるためにその期間を乗り越えられそうかを考えると自ずと答えは出ました。ただ、私が留学に行く時に別れてしまいましたが…笑

学部や大学院留学するなら将来性があり自分探しに近い目的なら彼氏と別れるのが賢明

彼氏が留学すると言い出したら、その時点で二人の関係には転機が訪れたことになります。別れるのか、続けるのか、自分自身の将来を一番に考えて判断してください。友達への相談は、無意味な場合が多く、飽くまでも判断は自分で行います。別れる判断をする一番の材料は、彼氏の将来性でしょう。大学や大学院への留学ならば、それなりに将来性がありますが、会社を辞めての語学留学やワーキングホリデーであれば、別れる判断材料にもなります。仮に彼氏の将来性があったとしても、留学期間中に現地に彼女ができる可能性も十分あるでしょう。その辺も考慮して別れる決断をするのがいいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月12日ビジネス