バーに行く女性が知っておくべき服装マナー

バー

女性がバーで着るべき服装①:オシャレでカジュアル過ぎないもの

Bar 828768 960 720

女性がバーに1人で行くこともよくありますが、バーの種類によってはしっかりとした服装でなければ、自分だけ浮いた存在になってしまいます。男性ならスーツやジャケットを着用すればいいのですが、女性はちょっとオシャレな洋服で行きましょう。女性はオシャレな人も多いので、それなりの服装で大丈夫だと言われています。カジュアル過ぎない服装で来店しましょう。

露出の少ない服装がおすすめ

バーへ行く時にはそれなりの服装が求められます。バーの雰囲気に合った服装で行くのがマナーとされているので、男性ならジャケット着用を義務づけているバーもあるほどです。女性はドレスである必要はありませんが、ジーパンなどの服装は相応しくはないでしょう。カジュアル過ぎない服装と、露出のあまり多すぎない服装がおすすめです。あくまでもバーはお酒を楽しむ場なので、キャバクラなどの派手な服装は相応しくはありません。

女性がバーで着るべき服装②:雰囲気に合うもの

バーによってお店の格式や雰囲気もまったく違うので、初めて行く時にはとても緊張するものです。女性の服装はある程度の恰好なら、どのバーへ行っても大丈夫でしょう。2回目の来店からはお店の雰囲気に合った服装で来店することが望ましいです。バーテンダーとの会話とお酒を楽しみながら、バーの雰囲気の浸ることができます。

大人の女性を演出できる服装がおすすめ

一般的なバーはお酒を楽しむためのお店なので、騒ぐことなく静かに楽しむものです。ダーツバーやスポーツバーなど、新たなバースタイルも出ていますが、一般的なバーとしては大人がゆっくりとお酒を飲む場所です。大人の女性として魅力的な服装で来店すると、お店の雰囲気と一体になることができます。バーへ行くならちょっとオシャレに大人の女性を演出した服装が望ましいでしょう。

女性がバーで気を付けたい服装はミニスカート

女性がバーへ行く時は、雰囲気に合った服装を心掛けることがマナーのひとつです。大人の女性をイメージすると、どうしても露出がある服装を連想する人もいますが、バーの雰囲気には合いません。特に1人でミニスカートを着て飲んでいては、誰かに声を掛けてもらうためにいるようなものです。そのつもりで行く人もいますが、お酒を楽しむならミニスカートは止めましょう。

ナンパ待ちだと思われないよう服装には十分な注意が必要

バーではいろいろな出会いを求めて行く人も多く、1人飲みをしている男女は多いものです。純粋にお酒を楽しみながら、近くの人と会話を楽しむのも、大人の流儀として必要かもしれません。女性はそんな出会いがあるので、服装には気を付けましょう。露出が激しい服装では軽く見られてしまいます。大人の女性を演出するのは服装ではなく、所作や色気なので露出に頼らないバーに合った服装で飲みましょう。

女性がバーへ行くなら服装はお店の雰囲気に合ったカジュアルすぎないものを選ぼう

バーは歓楽街やホテルなど場所によっても、客質が変わってきます。バーでは紳士的に振る舞う人も多いので、女性も大人としてのマナーが必要です。特に気になるのが服装ですが、何度か通うお店なら必ず雰囲気にあった服装を選びましょう。1人飲みはバーテンダーとの会話も楽しめるので、お店の雰囲気に調和した格好で、お酒と会話を楽しんでください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス